ドラマ

逃亡医F原作漫画の感想と評判をまとめたよ!

成田凌さん主演で送る新ドラマ『逃亡医F』の原作漫画の感想と評判をまとめました。

天才外科医の藤木圭介が、ある日恋人ゴロしの濡れ衣を着せられてしまい、真犯人を突き止めるため決死の逃亡を図るというサバイバル・ドクター・エンターテイメント!

当記事では、『逃亡医F』の原作漫画のあらすじや感想についてまとめてみたのでシェアしていきます。

逃げながら真犯人を探すなんてハラハラしそう!真犯人が見つかるまで逃げ切れるのかな??

逃亡医Fの原作漫画は?

ドラマ『逃亡医F』の原作は、伊月慶悟さん原作、佐藤マコトさん作画の同名マンガ『逃亡医F』となります。

『逃亡医F』の原作は電子書籍限定で配信されており、全3巻です。

伊月慶悟さんは、『逃亡医F』の他にも『天才整形医・神技一郎』『天医無縫』など医療もののマンガを手掛けています。

佐藤マコトさんは、『サトラレ』が代表作となる漫画家です。

あらすじ

帝都医科大学付属病院の外科医をしている藤木圭介は、天才外科医と呼ばれる腕のもちぬしです。

しかし、ある日突然同僚であり、恋人である八神妙子を突き落とし殺害しようとした容疑で指名手配されてしまいます。

圭介は、八神を突き落としたのは誰なのか…真相を突き止めるために名前を変えて逃亡を図ることに。

地位も名前も捨て、身を隠した逃亡医・藤木圭介。
全てを捨てた圭介が、ただ一つ捨てられなかったのが“療心”で、身分がバレるのを恐れず、逃亡先でも手術をおこなうことになります…!

見どころとは

原作では、圭介は身を隠すため、気象観測船「第一海風丸」に清掃員として乗り込みます。

偶然の事故のせいで、気象観測士の八沢井美香子が重傷を負ってしまうことに。

この状況で手術を行えば自分の正体が明るみに出てしまうと思いながらも、捨てきれなかった"療心"で、圭介は手術をおこないます。

逃亡先でのリスクをおかした手術シーンは、ドラマでもかなりの見どころとなるのではないでしょうか。

難しい手術をすればするほど、天才外科医の手術だっ!ってバレちゃいそうだよね…ドキドキ。

逃亡医Fの原作感想・レビュー

2022年1月から始まる医療ドラマ『逃亡医F』
主演の成田凌さんもかなり気合いが入っているようで、放送がとても楽しみです。

ドラマ放送までに押さえておきたい『逃亡医F』の原作漫画の感想や評判をまとめていきます。

医療マンガもマンネリ気味だったのですが、これは割と新鮮なネタと絵柄。期待せず読み始めたので、予想外に楽しめました。
うまくウソと本当(っぽいこと)を混ぜて楽しませてくれます。続巻がなさそうなのが、とても残念。
完結していて読者としては最後どうなるのか知れて良かったです。
現実でも派閥とかパワハラとか無報酬とかお医者さんもいろいろ大変なんですね。
ストーリーは、天才外科医の逃避行もので、おもしろく読めました。
闇の逃亡医のオマージュ作品?? 途中の 手術内容や 細かな 設定は変えているが 優秀な外科医 逃亡先での鮮やかな治療 広い医学知識 関わった人々達からの高い信頼 冤罪と真実を晴らす為の逃避行 製薬会社の暗躍 等々 闇の逃亡医に設定が非常に似ております 加藤唯史 版の方がハードボイルド色が高いかも知れない 私は 闇の逃亡医さんに☆5つです。(笑)
テンポが良く面白い!一巻を読み終わりました。続きが気になります、絵も素敵だと思います。

出典:Amazonレビュー、コミックシーモアレビュー

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

         

  • 俳優の成田凌さんが主演で、2022年1月より放送のドラマ『逃亡医F』
  •      

  • 伊月慶悟さん原作、佐藤マコトさん作画の同名マンガ『逃亡医F』が原作。
  •      

  • 原作は、電子書籍限定で配信されており、全3巻。
  •  

  • スリルある逃亡劇に「先が気になる!」との感想が多い!

主演の成田凌さんも気合い充分なドラマ『逃亡医F』

ハラハラドキドキ間違いなしの逃亡エンターテイメントな『逃亡医F』のスタートが待ち遠しいですね。

-ドラマ

© 2022 ザッツイアラ