スポーツ

今年の阪神早速やらかすがなぜ勝てない?理由3選

SNSで、毎年「今年の阪神はやらかす」として投稿を続けている阪神ファンがいます。昨シーズンは、首位を独走し、もう一歩で、優勝というとこまで行きましたが、最後にヤクルトに優勝をさらわれてしまいました。今シーズンこそ、と阪神ファンは大きな期待に胸を膨らませていました。

ところが、今年の阪神は開幕戦でまさかの逆転負けをすると、連敗連敗でまったく勝てなくなり、逆の意味で早速やらかしてしまいました。なぜこんなことになったのでしょう?

「今年の阪神はやらかす」がもう「今年の阪神はわらかす」になってしもうとるで!

今年の阪神早速やらかす

今年の阪神早速どんなことをやらかしてるのでしょう。

昨日、中日にサヨナラ負けを喫し、引き分けを挟んで5連敗となりました。勝率はわずか6分7厘となり、16試合時点では1979年西武の7分1厘を下回り、プロ野球最低となってしまいました。

さらに、試合前、この日先発予定だった伊藤将、藤浪、江越が新型コロナウイルス陽性となり戦線離脱と、泣きっ面に蜂で、いつこの状況を脱せるのか光も見えません。

では、優勝かとも言われるほど好調だった昨シーズンを総括し、なぜ良かったか?をまず見ておきましょう。
・投打のバランスが取れていた。
・梅野隆太郎捕手のリードが安定していた。
・前半戦、中盤に佐藤輝明、サンズが大活躍した。
・クローザーのロベルト・スアレスの存在が大きかった。

なぜ勝てない?

安心できるリリーフ陣がいない

大黒柱スアレスがいなくなり、抑えの新外国人ケラーが、開幕戦など2回登板して失敗し、現在、2軍で調整中。
すぐに1軍に戻って、活躍するとは思えない。
すなわち昨年と比べてリリーフ陣の勝ちパターンが確立できない状況が大きく影響している。

エースが不在

開幕投手となるはずで、投手陣の柱の青柳晃洋投手がコロナ感染以降、まだ1軍に戻ってこない。

他チームが昨シーズンの雪辱に燃えてる

実力通りの結果を残せなかった巨人広島は屈辱の2021年のペナントレースをバネに、必ず上がってくる。
セリーグ全体のレベルが上がって、相対的に阪神が取り残された。

復活があるとすれば、2022年阪神の光は?
・急遽開幕を任された藤波投手が7回3失点と試合を作った。
・4月10日の試合では、ガンケルが先発で好投し、勝ちパターン有力候補の湯浅京己投手が1回無失点。さらに岩崎優投手もベテランのピッチング。
西勇輝投手も完投して頑張っているし、
もともと先発陣豊富な阪神であったから、今の負け越しはむしろ不思議なくらいです。
・打撃陣では佐藤輝明選手が4番、大山悠輔選手が5番と左右の長距離砲が並び、それぞれ3本塁打と2本塁打を放ち、打率は0.277と0..271です。まずまず、順調な滑り出しとみてよいのではないでしょうか。

まさかこのままでは終わらんやろ!

今年の阪神SNSの反応

阪神が勝てない理由は、予祝やと思ってる。気持ちのどこかで満たされている。
勝つにはハングリーな気持ちが大事。
優勝なんか目指しませんと言った新庄監督。
予祝をやった矢野監督。
共に令和の大迷走。
引用:https://twitter.com/GomaPapasan/status/1514385934023725056
阪神が勝てない理由は?
監督の采配 23.3%
選手の実力 22.2%
フロントやタニマチのいらんことしい 12.2%
カーネルサンダースの呪いがまだ続いてる 42.2%
引用:https://twitter.com/hapiboudayo/status/1513856206221176835
阪神が勝てない理由
①得点圏で打てない!
②中継ぎを変えたらボコられる
③矢野采配が12回?くらい失敗してる
やとおもいます。
引用:https://twitter.com/ErwLPbvCPj9c8KT/status/1514217468902146050
いろいろ言われてるけども、最下位の具体的な理由は、開幕までに勝ちパターンを確立できなかったことと、開幕戦で2連続で刺されたせいか盗塁なできなくなったことだと思う。
岩崎、湯浅に次ぐセットアッパーの確率。
盗塁技術の見直し。
この点に期待したい。
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/00d03a29bec1aca51950a3f08e7f573c6a586003/comments?page=2&t=t&order=recommended

まとめ

わかりやすくまとめると

  • 阪神が勝てない理由を3つ挙げました
  • 今後巻き返しがあるとして、阪神の光の部分を掲げました
  • 「阪神が勝てない理由」を挙げるツイッターが満載です
今年で辞任すると宣言した矢野監督に何かを求めるのは無理!

-スポーツ

© 2022 ザッツイアラ