スポーツ

チェイス・アンリの出身は?プレースタイルを解説

今年の第100回全国高校サッカー選手権大会は8日にいよいよ準決勝。さて今大会では、既に敗れたものの大注目を浴びた高校生プレーヤーがいます。尚志(福島)のチェイス・アンリ選手です。

チェイス・アンリ選手の経歴や出身地は?どんなプレースタイルなのか。その潜在性や期待される将来像を探りました。(出典:Wikipedia、スポーツメディア)

私立尚志。サッカー部の歴史は20年ちょっとと浅いんやけど、近年高校サッカーベスト4に入り、Jリーガーも多く輩出してる強豪やな!

チェイス・アンリの出身・プロフィール

まずはチェイス・アンリ選手の経歴から見てみましょう。

アンリ選手は元軍人の米国人の父と日本人の母の間に2004年に生まれた17歳。3月には18歳になります。出身は日本なもののすぐ米国に移住して育ち、中学1年のとき母の実家がある神奈川県に戻ったそうです。

中学まで米国じゃ日本語に苦労したかも。でも大人になるこれからは逆に2カ国語できる点は相当強みだよね!

サッカーを本格的に始めたのは中学の部活から。そのため無名の存在でしたが、FC湘南ジュニアユースを経て、187cm、80kg恵まれた体と身体能力の高さに注目した尚志高校がスカウトし、19年に入学しました。

ポジションはCB(センターバック)。20年にはU―17日本代表に招集されたほか、昨年10月にはU―22日本代表に2世代の飛び級で招集され、U―23アジア杯予選の第1戦カンボジア戦から先発出場を果たしました。

そして昨年末からの第100回高校サッカーにも出場しましたが、2回戦関東一戦でPK戦の末敗れ、涙を呑みました。では次項でチェイスアンリ選手の実力やプレースタイル、高卒後どうなるのかを探ってみましょう。

チェイス・アンリのプレースタイル

ほぼ米国出身といえそうな日米ハーフのチェイス・アンリ選手。規格外の体と能力から、サッカー指導者やファンの間では早くも「怪物」との高評価が聞かれます。

U-22に帯同した元日本代表DF内田篤人氏も「とんでもない化け物」と絶賛しとったな!将来日本代表の中核になれるかやな

中学時代には荒削りだったプレースタイルも、高校の3年間で見事に磨かれてきたようです。攻守で見せるヘッドや対人守備はU-22日本代表の中でも傑出。進化させてきた守備対応、右足キックでも違いを生み出すテクニックも身につけてきています。

福島県予選決勝の後半アディショナルタイムにはカウンターから約80メートルを走り切り、決勝点を挙げてチームを2年ぶりの選手権へ導きました。

選手権ではセットプレーの中、得意のヘディングで相手ゴールに迫るシーンも。対戦相手の監督も「プレー一つでスタンドの雰囲気が変わる」と〝タレントの潜在性〟に賛辞を送っていました。

ともかくアフロヘアーをなびかせてピッチを疾走する姿が絵になる。スター性は十分だな!

こんなチェイス・アンリ選手にはプロからのアプローチが始まっているようです。昨年秋、ブンデスリーガ、シュトゥットガルトのセカンドチームにテスト生として参加。そこで印象的なプレーを披露し、クラブ首脳陣ら海外スカウトの目にも止まったといいます。

シュトゥットガルトのほか、オランダ1部の名門アヤックスやAZアルクマールも関心を示し、獲得へ乗り出す構え。もちろんJリーグ各クラブも食指を動かすのは必至です。アンリ選手は国際移籍可能となる18歳の誕生日を間もなく迎えるため、それ以降日独蘭入り乱れた争奪戦になる可能性もありそうです。

チェイス・アンリの最新評価まとめ

チェイスアンリはルカク、クルトワ寄りの選手にならないことを祈る

引用:https://twitter.com/kooookooookoo/status/1477867076652269568

静岡学園対チェイスアンリが見たかった

引用:https://twitter.com/Paul06m20/status/1478239736699699201

まぁ絶対無いと思うけど、チェイス・アンリくん川崎とかないかな

引用:https://twitter.com/RMHT0701/status/1478308229331701762

「尚志のDFチェイスアンリが大津MF森田大智にウイイレで勝利したことを、インスタグラムにて報告」一応高校生らしいことしてるな

引用:https://twitter.com/TSUDAMAN05/status/1478372273761714176

まとめ

わかりやすくまとめると

  • 全国高校サッカー2回戦で敗れたものの、大注目のチェイス・アンリ
  • 尚志(福島)のCB。日米ハーフで長身、規格外の身体能力持つ〝怪物〟
  • 得意のヘッドで守備対応、ゴール力も進化。欧州クラブが獲得へ興味

-スポーツ

© 2022 ザッツイアラ