スポーツ

佐々木朗希メジャースカウトの評価まとめ!いつ行っちゃうの?

13者連続奪三振、1試合19奪三振の記録に、NPB史上28年ぶりの完全試合を達成したロッテマリーンズの佐々木朗希投手が米国でも注目を集めています。

佐々木朗希に対するメジャースカウト評価をまとめ!メジャーに行くとするといつになるかを予想します。

ロッテはきっちり育てたんやな!感心なこっちゃ!

佐々木朗希メジャースカウトの評価まとめ

佐々木朗希投手に対するメジャースカウトの評価をまとめましょう。

完全試合達成のロッテ-オリックス戦には、メジャー関係者が三塁側で視察しており、「松坂大輔、大谷翔平両選手を見てきましたが、彼らをはるかに超えていると思いました。松坂大輔が怪物であるならば、佐々木君は何という言葉で表現すれば良いのでしょうか?」と驚いていたそうです。
(引用:日刊スポーツhttps://www.nikkansports.com/baseball/news/202204100001045.html)

これまでも高校3年の4月に、大谷翔平投手の160キロを上回る163キロを投げた直後にはメジャー9球団のスカウトが練習試合を視察したこともあり、注目され続けてきました。

当時、米大リーグ・ロイヤルズの大屋博行国際スカウトは、
「アベレージ(平均)でも153-154キロは出ていた。初めて生で見て、びっくりしましたよ。今まで見た中で最高の素材。こんな高校生、広い米国にもなかなかいません。評価というより、どうしてこんなすごい素材が日本に現れたのか、あっけに取られました」と激賞し、(大谷翔平と比較しても)「はっきり言って、投手としてのセンスは大谷君より上。変化球に関しては、高校時代の大谷君はスライダーが抜けることが目立っていたが、佐々木君は器用で数種類のスライダーを使いこなしているし、チェンジアップの精度も高い。本人は変化球に興味があって研究心旺盛だそうで、今後もいろいろ覚えるでしょう」と断言していました。

ここで、しばしば比較される松坂大輔、大谷翔平と佐々木朗希の高校時代、NPB1~3年での成績を一覧にまとめました。

 松坂大輔大谷翔平佐々木朗希
生年月日1980/9/131994/7/52001/11/3
高校時代横浜高校、1998年夏の甲子園の決勝戦でのノーヒットノーランなど、春・夏連覇に寄与花巻東高校県立大船渡高校、甲子園出場はなし
3年生時に150km/h超の球速を出し、切れ味鋭いスライダーを武器に超高校級の投手と評される2年春に最速151km/h、3年夏160km/h2年秋の県大会で157km/h、3年生4月163km/h(非公式)3年夏160km/h
NPB1999年西武入団2013年日本ハム入団2020年ロッテ入団
プロ1年目平均球速約146km/hを記録した速球を武器に16勝を挙げて最多勝を獲得新人初登板で、157km/h、投手としては13試合に登板し、3勝無敗、防御率4.23公式戦登板は無く、一軍に帯同し、肉体強化を図る
プロ2年目10代での開幕投手を務め、14勝を挙げ2年連続の最多勝と初の最多奪三振24試合に登板し、11勝4敗、防御率2.6111試合に先発して3勝2敗・防御率2.27
プロ3年目15勝15敗の成績で、3年連続最多勝、沢村賞を獲得開幕投手、15勝、防御率2.24、勝率.750で最多勝利、最優秀防御率、最高勝率の投手三冠開幕ローテーション入りし、3月27日の楽天戦で自己最速を更新する164km/h
MLB2006年11月15日ボストン・レッドソックス契約2017年12月9日ロサンゼルス・エンゼルスと契約
ニックネーム平成の怪物二刀流令和の怪物
二人との大きな違いは、高校時代に甲子園を経験していないこと、NPB入団後、1年目から、大活躍するのではなく、じっくり育てられて、今回に至った点です。

甲子園を経験していないことに関しては、メジャースカウトは、高校時代に連投などで、酷使されていない点を逆に買っているそうです。

メジャー入りしたNPB投手のほとんどの選手が故障して、トミー・ジョン手術を受けることになっているのを危惧しているためです。

佐々木朗希メジャー移籍はいつ?

松坂大輔(レッドソックス)に入団したのは、プロ入り7年目のオフ、大谷翔平(エンゼルス)がポスティングで海を渡ったのはプロ入り5年目のオフでした。

本人のメジャー指向や、メジャースカウトの熱い視線を考えると、最短で、プロ入り5年目となる2025年にポスティングシステムでのメジャー入りが予想されます。

メジャーでの活躍を早く見たいけど、日本での活躍をもっと見たいとも思えるな!

佐々木朗希の海外の反応・評価

佐々木朗希はいつかMLBチームから非常に高額の支払いを受ける予定です。
引用:https://twitter.com/sung_minkim/status/1513039209354960897
佐々木朗希という名前を覚えておいてください。いつか#MLBで彼に会えると確信しています。
19Kパーフェクトゲーム!!!!!!!!おお。
引用:https://twitter.com/Ty_Lacroix11/status/1513180622981775364
今から5年後、佐々木朗希は25歳になり、国際的なプロのフリーエージェントとしてMLBに入る資格があります。
引用:https://twitter.com/JballAllen/status/1513200437574639620
おお!!この20歳の天才は将来どのようなMLB契約を結ぶと思いますか? $$$$$$$$$$
引用:https://twitter.com/ChrisLevinson/status/1513223950779650050

ロッテマリーンズのネット配信見るなら

佐々木朗希の歴史的な完全試合の中継が千葉テレビを含めテレビ放送が全くなかったことに、批判が殺到しています。
しかし、ネットなら可能でした。

今後、ロッテマリーンズのネット配信を見るならどこがお勧めでしょうか?

ロッテマリーンズの試合を配信しているネットとしては、DAZN(ダゾーン)スカパー!プロ野球パ・リーグTVベースボールLIVERakuten TVがありますが、配信試合の範囲、コスパ、他の番組をどの程度見れるかなどを考えますと、DAZN(ダゾーン)とベースボールLIVEをお勧めしたいと思います。

DAZNは、広島カープを除く11球団主催公式試合、交流戦、クライマックスシリーズと、パ・リーグのロッテの試合は、ほぼ網羅しています。
月間プラン3,000円で、登録から1ヶ月無料トライヤルが出来ます。さらに、野球以外のJリーグやテニスなどのスポーツも視聴が出来るのが特長です。
https://www.dazn.com/ja-JP/sport/Sport:e2n4bo41sw91dx98if05lse25
次いで、パ・リーグ6球団の主催公式試合が月額508円で、視聴できるベースボールLIVEがお得で、お勧めです。最大6か月無料で利用できるのもメリットです。
パ・リーグ主催の1軍公式戦を全試合ライブ・見逃し配信、交流戦(パ・リーグ主催試合のみ)、クライマックスシリーズも配信予定です。
https://premium.yahoo.co.jp/service/pacificleague/?pid=vc&ex=P_2419.C_C9sbm036&vc_lpp=MSY3M2I4ZDRhZjdhJjYyNTNmMjU4JjIxZWFlMiY2MjVhODlkNCZZbFB5VkFBQ04yVnFvQm54d0tocHZNQ29hUTVJMmcmNAlZbFB5VkFBQ04yVnFvQm54d0tocHZNQ29hUTVJMmcJMDg4NzA1MzE0NzAyODI4OTUwMjIwNDExMDkxODEyCQkJ

28年ぶりの完全試合を放映するテレビ中継が0なんて信じられんわ!

まとめ

わかりやすくまとめると

  • 佐々木朗希のメジャースカウトの評価は、松坂大輔や大谷翔平を超えるほどで、メジャー挑戦は最短で、2025年が予想される
  • ロッテの試合のネット配信は、DAZNとベースボールLIVEがお勧め
  • 海外でも評価が高く、早くメジャーのマウンドに立ってほしいとの声が多い
これから佐々木朗希の試合は絶対見るで!

-スポーツ

© 2022 ザッツイアラ