スポーツ

リード・デトマーズとは?防御率・成績・評価まとめ「ルーキーながら投げっぷり堂々」

2022年5月11日は日米のプロ野球界で大変珍しい1日となりました。日本時間の当日お昼頃、MLBエンゼルスのリード・デトマーズ投手が、そしてその夜にはNPBソフトバンクホークスの東浜巨投手が、相次いで無安打無得点(ノーヒットノーラン)を達成したのです!

しかも米のデトマーズ投手はまだルーキー堂々たるマウンドさばきで〝大物新人〟ぶりを見せた投手リード・デトマーズとは?その経歴や勝敗・防御率などの投球成績をまとめました。(出典:Wikipedia、MLB公式、スポーツメディアなど)

東浜も昼間練習しながら、TVでデトマーズのノーノーを見とったらしい。「全然意識しなかった。偶然です」と数時間後のダブル達成に自分でも驚いとったな

リード・デトマーズとは?

日本時間11日のMLB「エンゼルスvsレイズ」戦。試合前には大谷翔平選手の昨季MVPの表彰セレモニーが行われた記念すべき試合で、ホームのエンゼルスはトラウト、レンドーン選手ら主軸にも多く本塁打が飛び出す猛打爆発で、12-0と大勝しました。

大谷はんは3番DHでスタメン。2塁打など2安打を放ってマズマズやったな

そして何よりもこの日一番の主役だったのがリード・デトマーズ投手。5回まで走者を1人も出さず、6回表に四球で初めての走者(これが試合で唯一)を出したあとも落ち着いたピッチングを披露。全108球を最終回まで投げきり、球団史上12度目となる無安打無得点試合を達成しました。

これでデトマーズ投手は今季2勝目と、エンゼルス先発陣をローテの一角としてしっかり支えています。では「リード・デトマーズとは」どんなピッチャーなのか、プロフィールやこれまでの成績を順次見ていきましょう。

それにしても今季の日米プロ野球は「投高打低」というか…序盤から完全試合、ノーノーや「あわや完全」とか、投手の大活躍がやたら目立つよなー

プロフィール

リード・デトマーズ投手は米イリノイ州出身の22歳。サウスポーの投手です。父親も若い頃カージナルス傘下のマイナー選手だったというアスリート一家。

高校時代の17年、一度MLBドラフト32巡目(全体950位)でアトランタ・ブレーブスから指名を受けたものの、この時は契約を拒否してルイビル大学へ進学しました。

19年には日米大学野球選手権の米代表に選出され、来日。チャイニーズタイペイと日本戦で先発し無失点と好投しています。日本戦では明大の森下暢仁投手(現広島)に投げ勝ったことでも話題となりました。

20年のMLBドラフトで、今度は1巡目(全体10位)でエンゼルスから指名を受けプロ入り。マイナーを経て、21年8月にエンゼルスとメジャー契約を結びアクティブ・ロースター入り。同日のアスレチックス戦で、ヤンキースにシーズン途中で移籍したヒーニー投手に代わってメジャーデビュー登板を果たしました。

フォーシームの球速は92~95マイル。憧れでもある同じ左腕クレイトン・カーショー投手(ドジャース)のようなカーブを最大の武器としています。

まだメジャー登板数も少なく「新人王資格」のあるデトマーズ投手ですが、今季序盤でいきなりの完璧な「ノーノーピッチ」。この調子で勝利を重ねれば、アリーグ新人王の筆頭候補となりそうです。

貴重な左腕の柱として、大谷投手らとともに好投を続けチームをポストシーズンへ導けるか、今後の登板も注目されます。

好きな食べ物はシナモントーストクランチのシリアルとスニッカーズだとか。この辺はいかにもアメリカン
好きなメジャーリーガーはカーショー(大谷ちゃうんかーい)。好きなチームはカージナルスやて(エンゼルスちゃうんかーいw)

成績まとめ

リード・デトマーズ投手のメジャー通算成績は11試合登板(51.2イニング)、3勝4敗、防御率5.23です。以下に一覧でご紹介しましょう。(注:2022年シーズンは5月11日まで)

SeasonTeamLG防御率試合数先発数完投完封HLDセーブセーブ機会投球回数被安打失点自責点被本塁打NPHBBBIBBSOAVGWHIP
(1回あたりの被安打と与四球)
GO/AO
2021LAAAL137.4550000020.226171753792111190.2951.790.59
2022LAAAL213.776611000311813133484280200.1650.840.82

出典:https://www.mlb.com/player/reid-detmers-672282

リード・デトマーズの世界の評価

素晴らしいよリード!彼は捕手のサイン通りきちんと投げていた。いかに捕手を信頼しているかに感銘を受けたよ
エンジェルスのエネルギーは今年は違うな。良い先発投手が揃っている。大谷健在でトラウトもレンドーンも戻った。楽しい夏になりそうだ
22歳のルーキーがトラウトや大谷らと一緒に堂々とプレーしている。すごいことだ
ヤンキースファンだけど今年のエンゼルスは楽しいね。ポストシーズンで会えることを願っているよ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4yzPwOqGzZk

まとめ

わかりやすくまとめると

  • MLBエンゼルスのルーキー左腕リード・デトマーズが無安打無得点試合
  • 大谷のMVP式典の試合で球団史上12度目の快挙。2年目22歳で今季2勝目
  • 好調続ければ新人王も。大谷らと共に投手陣支え悲願のプレーオフへ

関連

この記事を見ている人は以下の記事も見ています

ノーヒッターとは?ノーヒットノーランとの違い・日本でも言う?


-スポーツ

© 2022 ザッツイアラ