スポーツ

大阪桐蔭甲子園2022出身中学メンバー一覧!シートノックから見る最強の理由

6日に開幕する「夏の甲子園2022」第104回全国高校野球選手権大会。3日、久しぶりに各校選手が大阪市に一同に会し組み合わせ抽選を行います。優勝候補校がまずはどこと対戦するのか注目です。

今回は「鉄板」の優勝候補筆頭に挙がる大阪桐蔭(大阪府代表)をクローズアップ。メンバー一覧を出身中学とともにご紹介。「大阪桐蔭の強さはこれを見れば分かる」というシートノックの凄さにも迫りました。(出典:Wikipedia、スポーツメディア)

大阪桐蔭、昔から強いけど今年はホンマもん。抽選でどこと当たろうと、あんまり関係あらへんかもなww

大阪桐蔭甲子園2022出身中学メンバー一覧

大阪大会決勝で、ライバル履正社を圧巻の完封勝ちで下して2年連続12度目の夏の甲子園出場を決めた大阪桐蔭。試合前のシートノックを見るだけで、相手はそのあまりの凄さに気圧されてしまうくらい強さのレベルが違うといいます。

ではそんな「大阪桐蔭史上最強」説もある今大会のメンバー一覧を、出身中学付きでご紹介しましょう。
※なお、夏の甲子園登録選手は発表され次第修正します。現在は発表前の登録メンバーとなります。

背番号選手ポジション学年出身中学出身チーム投/打身長/体重
1川原嗣貴投手3年生大阪 千里丘中学北摂リトルシニア右/左188/86
2松尾汐恩捕手3年生京都 精華中学京田辺ボーイズ右/右178/76
3丸山一喜内野手3年生大阪 大久保中学大東畷ボーイズ右/左180/93
4星子天真内野手3年生熊本 武蔵中学熊本泗水ボーイズ右/左168/72
5伊藤櫂人内野手3年生岐阜 日新中学西濃ボーイズ右/右178/78
6鈴木塁内野手3年生岐阜 美濃加茂東中学瀬戸リトルシニア右/右177/70
7田井志門外野手3年生滋賀 瀬田中学湖南ボーイズ右/左169/72
8海老根優大外野手3年生千葉 こてはし台中学京葉ボーイズ右/右182/87
9谷口勇人外野手3年生京都 久御山中学京田辺ボーイズ左/左174/76
10別所孝亮投手3年生岐阜 広陵中学岐阜中濃ボーイズ右/右183/84
11前田悠伍投手2年生滋賀 高月中学湖北ボーイズ左/左180/78
12工藤翔斗捕手3年生愛知 竜神中学瀬戸リトルシニア右/左174/77
13大前圭右内野手3年生和歌山 御坊中学和歌山日高ボーイズ右/右170/67
14小林丈太投手3年生三重 大安中学四日市ボーイズ左/左176/74
15砂川佑真捕手3年生大阪 寝屋川第七中学寝屋川リトルシニア右/右174/83
16河田流空外野手3年生福井 角鹿中学嶺南敦賀リトルシニア右/左175/83
17村本勇海内野手2年生兵庫 三原中学枚方ボーイズ右/左175/80
18南恒誠投手2年生兵庫 宝殿中学高砂市立宝殿中右/右185/82
19川井泰志投手3年生群馬 桐生中央中学桐生ボーイズ左/左186/76
20小川大地内野手2年生神奈川 横浜吉田中学中本牧リトルシニア右/右182/78

注目選手

甲子園2022の予想メンバー一覧(出身中学付き)をお示しした大阪桐蔭。噂のシートノックがどんだけ凄いのかをご説明する前に、まずは今大会の注目選手を見ていきましょう。

松尾汐恩(3年)

強力打線の中核の3番を担い、かつ盤石の投手陣と守備陣をまとめる要の捕手。今秋のNPBドラフトでも上位指名候補に挙がる逸材です。

小学、中学と地元ジュニアチームに所属して実力を磨き、世界少年野球大会日本代表に選ばれたことも。大阪桐蔭では2年時に明治神宮大会優勝、今年の3月にはセンバツ優勝に貢献しました。

名前の読みは「しおん」。大阪大会の「3打席連続アーチ」は凄かったな~。プロはどこに行きたいんやろ。阪神ちゃうの?

川原嗣貴(3年)

分厚い投手陣の一角を担う本格派右腕。中学時代にリトルシニアで活躍し頭角を現しました。今大会でプロスカウトが熱視線を送る投手の一人です。

今春のセンバツでは3試合に登板、18イニングを投げ防御率1.50としっかり抑え優勝に貢献しています。名前の読みは「しき」。

前田悠伍(2年)

2年生にして高校最強のチームで投手陣を支える逸材。貴重なサウスポーでもあり、来年のドラフトで相当な注目を浴びそうです。

オリックスのジュニアチーム出身。大阪桐蔭ではいきなり1年の夏に甲子園のマウンドへ。2年次も明治神宮大会優勝に貢献。優勝したセンバツでも2試合を無失点に抑える好投を見せた「チームのスター投手」です。

あと今秋ドラフトでプロ注目の3年生といえば、強肩・強打の海老根優大外野手や、4番に座る丸山一喜内野手もいるな!

シートノックから見る最強の理由

レギュラーメンバーはいずれも出身中学時代から全国的に活躍している実力選手ばかりの、〝最強〟大阪桐蔭。その凄さはシートノックを見ると歴然と分かる、と言われています。

シートノックとは

まずシートノックとは何でしょうか。これは野手全員が試合と同じポジションに就いて行う「試合形式ノック」のことです。

コーチや監督は打席から内外野の選手に順番に球を打ち、選手は試合と同じように捕って処理します。投手を立たせたり、走者を置いてまさに「試合の一場面」を再現することもあるほど実戦的。

野手同士や投内連携・サインプレーの確認、アウトカウントや走者位置ごとの守備対応、「内野のどの場所にどんな球が来たら、誰が処理するか」などを試すこともある、現実のケースを想定した極めて緊張感ある練習方法です。

通常のノックは単純に打球を反復して捕る基本練習。ちょっとした広さならどこでもやれるが、シートノックは球場全部使わなできへん
普通は公式戦前の数分間、両チームが交互に行う。野球の実力が相手や観客全員に〝モロバレ〟ってわけだねw

他校名将も感服

このようにシートノックでは、そのチーム各選手の守備力・野球センス、チームのまとまりと練度、普段の練習度合いなどがすべて白日の下にさらされます。大阪桐蔭のそれがいかに凄いかは、かつて甲子園での試合前シートノックを見た名将が唸ったほどです。

黄金時代のPL学園を率いた中村順司氏がその人で、朝日新聞の取材にこう語っています。

「(大阪桐蔭は)シートノックですでに相手を圧倒していた。このスピード感、1歩目の速さ。ノッカーがボールを上げた瞬間、もっと言えば投手が投げた瞬間から動く準備ができている」

「(野手の)1歩目がいいと流れがよくなる。まるで足で(球を)投げてるかのように。かつて対戦した監督から『PLの試合前ノックは選手に見せない』と打ち明けられたことがあるが、大阪桐蔭のノックもそんな感じ

今チームの野手陣のキレ、実力、肩の強さも高校生とは思えないハイレベル。以下、動画でご覧ください。

↓ファン撮影の大阪桐蔭シートノック

大阪桐蔭2022年SNSの評価は?

今年はほんとに大阪桐蔭がえぐい(°д° )))))

引用:https://twitter.com/takashin1101/status/1554268943548059648

どうせ負けるなら大阪桐蔭と当たって負けたい(笑)3回戦あたりで

引用:https://twitter.com/kou_5012/status/1554267152722448386

今のエンゼルスより大阪桐蔭の方が強い、たぶん

引用:https://twitter.com/mizukoshishi/status/1554269774611247104

今の大阪桐蔭にとって怖いのは、コロナ禍によるクラスター(それによる出場辞退…)だけか

引用:https://twitter.com/7CewsFVelyxsZsu/status/1554281232934260736

まとめ

わかりやすくまとめると

  • 夏の甲子園出場校、大阪桐蔭の出身中学付きメンバー一覧紹介
  • 鉄板の優勝候補No1。松尾捕手率いる川原、前田投手らに注目
  • 凄すぎるシートノックに他校名将も唸る。試合前に相手を圧倒

-スポーツ

© 2022 ザッツイアラ