未分類

大晦日の漢字の由来・意味は?子供にもわかりやすく解説

12月も半分が過ぎ、いよいよ今年も残すところあと少しとなってきました。
今年もいろいろあったな〜なんてのんびり思っていたらあっという間に大晦日がやってくる…。
大晦日までにしておかないといけないこと山積みなのに!!…って何をしておけばいいんだっけ?!
そもそも大晦日って何なのでしょうか…大晦日の漢字の由来や意味もきちんと分かっていないのですが…これってやばい?!
ということで皆さん、大晦日の漢字の由来や意味から、大晦日目前でバタバタしないためにやっておく事をまとめてみたので要チェックですよ。

大晦日は年越しそば食べて紅白見る〜ってだけやったらいいけど、結構いろいろやることあるねんなぁ…毎年大晦日なってから焦るから今年は事前にチェックしときたい!

大晦日の由来・意味

"大晦日"といえば大掃除やおせち料理の準備、年越しそばに正月飾りと何かと慌ただしい雰囲気を感じますね。
それと同時に新しい年を迎えると思うとワクワクしてきます。
そんな"大晦日"ですが…皆さん大晦日の漢字の由来や意味ってご存知ですか?
正直に言いますと私は全然知りません…というか大晦日の由来や意味など考えたこともありません。

私を始めご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか?!
調べてみたので詳しく解説していきますね!

晦の意味

まず大晦日の"晦"の意味ですが…そもそも"晦"の読み方ってわかりますか?!
音読みでは「カイ」、訓読みでは「みそか」「つごもり」「くら(い)」「くら(ます)」と読みます。

意味は「陰暦で月の最終日」という意味のほかに「月が出ず、暗い」「よくわからない」「人に知られない」などの意味を持ちます。(出典:goo辞書)

おおみそかの意味

大晦日とは一年の最後日である12月31日のことです。
実は大晦日の歴史はすごく古く、平安時代まで遡ります。
新しい年の穀物に実りをもたらしてくれる「歳神様」
が各家庭に訪れると信じられていて大晦日は眠らずに夜通し祈願する「年籠り」をすることが一般的でした。
うっかり早く寝てしまうと白髪になる、シワが寄る…など恐ろしい言い伝えもあったとか…。

おおみそかの由来

大晦日の"晦日"はもともと三十と書くんです。
といいますのも、晦日は旧暦の月の動きが大きく関係しており、旧暦は月の満ち欠けで暦が決まることから1日に新月から始まり15日ごろに満月を迎え、月末には月が隠れて見えなくなることから旧暦の最終日は月が隠れる日として「晦日(つごもり)」と言われていました。

「晦」の頃がおよそ30日であったことから30日を晦日(みそか)と呼ぶようになります。

今でも30歳のこと"みそじ"って言ったりしますよね。

月末日のことを晦日と呼ぶようになり、一年を締めくくる12月の晦日は頭に大をつけた「大晦日」と呼ぶようになったようです。

大晦日の日にやること

大晦日の日にやることをまとめてみました。
思っているより大晦日にやることって多いんですね。
気持ちよく新年を迎えるためにも皆さん要チェックですよ!

掃き納め

掃き納めとは文字の通り、年の最後に掃除をすることです。
スッキリ気持ちよく新年を迎えるためにも室内や家の周辺を綺麗に掃除しておきたいですね。
ちなみに元旦に掃除をしてしまうと、せっかく迎えた歳神様を掃き出してしまう…と言われていますので掃除は避けて大晦日のうちに"掃き納め"しておきましょう。

年の湯

年の湯とは大晦日のお風呂のことです。
ゆっくりとお湯に浸かりながら一年間の汚れを落としさっぱりと綺麗にすることで新しい年を迎えるための厄落としのお風呂を意味します。

紅白歌合戦が見たいから!と大急ぎでお風呂に入って(私は毎年そんな感じになっちゃう…)烏の行水にならないよう、大晦日は年の湯を意識してゆっくりお風呂に入りましょうね。

年越しそば

大晦日といえば「年越しそば」と言っても過言ではないほど大晦日になくてはならない食べ物ですね。
しかし何故わざわざ蕎麦を大晦日に食べるのか理由を知らない方も多いのではないでしょうか。

実はお蕎麦を食べるのにはきちんと理由があるんですよ!
年越しの歴史は古く、遅くとも江戸時代後期には大阪で存在していた年越しそば。
江戸時代には定着していた文化なんですね!
年越しそばを食べる理由は諸説あるのでご紹介していきますね。

・そばのように細く長く過ごせますようにと延命・長寿を願って食べられる

・家族の縁が長く続くようにとの意味が込められている

・そばが切れやすいことから旧年の厄災を綺麗に切りすてて新しい年を迎えるためと言われいる

・金銀細工士が散らかった金粉を集めるのにそばがきを使ったことから金を集める縁起物とされている。

・蕎麦は雨風に打たれ強く、日光を浴びると元気になることからそばのように元気に蘇るよう無病息災という願いが込められている。

なんとも深い!年越しそばに、こんなにたくさん意味があったとは知らず何十年も過ごしていました…。

年越しそばの食べる理由はわかったけどもう1つ…食べる時間はいつがいいのでしょうか。
夕食に食べる方もいれば年越しの直前…とご家庭やお住まいの地域によって様々ですよね。

実は年越しそばを食べる時間に決まりはなく12月31日の間でしたらいつでもいいのです!
多いのは夕食時や、夕食後の夜食のタイミングで食べる方が多いようですね。

ちなみに…私は京都出身なのですが年越しそばはニシンそばでした!
ニシンって普段食べる機会があまりないので年越しそばは私にとって特別な食べ物です。

除夜の鐘

大晦日の夜半から元旦にかけ除夜の鐘が響く、日本ならではの伝統行事"除夜の鐘"。
何故大晦日の夜に鐘をついたりするんでしょうか…?!
よくよく考えてみると何だか不思議ですね。

除夜の鐘の"除夜"は大晦日の夜のことを指していて、多くの寺院では「除夜法要」や「除夜会」といったその年最後の法要が行われ、除夜の鐘をならすのもその法要のひとつなんですね。

除夜についてもう少し補足を…。

除夜は「除日の夜」という意味があります。
除日の除には、古いものを捨てて新しいものを迎えるという意味から除日とは一年で最後の日…そう!大晦日と同じということから除夜の鐘と呼ばれるようになったんです。

そんな除夜の鐘、何回ついているのか皆さんご存知かしら…。
正解は108回!
この数字は人間の煩悩の数であり、それを祓うためにつかれると言われています。
じっくり除夜の鐘を聞き、煩悩を取り去って清らかな気持ちで新年を迎えましょう。

大晦日までにやっておきたいこと

大晦日って結構すること多いですね。
なら今のうちにゆっくりしておこう…と言いたいところですが!!
大晦日ま・で・に!しておきたいこともたくさんあるんですよ。
それはズバリ…「正月飾り」「大掃除」「年越しそばの準備」の3点!!
これを読むと今日からすぐ準備に取り掛かれます。

正月飾り

お正月に家々を訪れる年神様をお迎えするための目印となる正月飾り。

代表的なのは門松

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】園芸ネット(@engeinet)がシェアした投稿

しめ飾り

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆめシティ(@youmetown_youmecity)がシェアした投稿

鏡餅

 

この投稿をInstagramで見る

 

さし源本店(@sashigen_official)がシェアした投稿

の3種類ではないでしょうか。

これらの正月飾り、いつから飾り始めればいいのかと申しますと12月13日以降が一般的!
ですが、12月13日ですとまだまだクリスマスムード一色で正月飾りをされているところはほとんど見かけませんね。
そのためクリスマスが終わった26日以降に飾ることが多いです。

しかし!ご注意ください。

26日以降ならいつでもいいわけではなく、12月29日、31日に正月飾りを出すのはふさわしくありません!
29日は発音した際「二重苦」となることから苦しみを連想するので縁起が悪いですね。
31日はお正月まであと1日であることから「一夜縛り」となり神様に失礼にあたります。

29日と31日はやめておきましょうね。

大掃除

忘れちゃいけない大掃除。
ついつい「邪魔くさいなぁ…」なんて思ってしまいますが気持ちよく新年を迎えるためにも大掃除は欠かせません。

実は大掃除って由来が深いんですよ。

今は年末に大掃除を行いますが、もともとの大掃除のルーツは煤払い!
半年ほどかけてお正月準備を行っていた江戸時代、その一番最初にするのが"煤払い"で12月13日に行われていたんです。

家を綺麗に清め新年の神様である「年神様」をお正月に迎えるために煤と一緒に一年の汚れを落とし厄を払います。

現代でも12月13日に神社仏閣で煤払いが行われていますので、大掃除もこの日に始めるのが好ましいですね!

とはいえ、お仕事やご都合によっては12月13日に始めるのは難しい場合もあるかと思います。
掃除の内容や場所などあらかじめ予定を立てて少しずつでも掃除を進めておきましょう。
遅くとも12月28日までには済ませておきたいですね。

年越しそばの準備

大晦日に欠かせない年越しそば!

今の時代、スーパーやコンビニなどで手軽に手に入るので大晦日当日の準備でも大丈夫だとは思います…が!せっかくの年越しそば、いつもより少〜し贅沢な美味しいそばを食べたい!と言う方も中にはいらっしゃるかと思います。

"旧年の厄を断ち切り新たな新年を迎える"年越しそばは縁起物でもあるので、ちょっとこだわりたいですよね。

その場合早めにお蕎麦屋さんに注文したり予約が必要となります。
大晦日に「あの有名な蕎麦屋さんの年越しそばを食べたいな」と思ってもなかなか難しい…。
ですので、大晦日までに年越しそばの準備を進めておくと大晦日当日慌てずに済みますね。

ちなみに私…大晦日の夕方にそばを買いにスーパーに行ったのですが、もうスーパーの中は人・人・人でごった返しており、そばにのせる天ぷらなどは売り切れているものもありました…。
早めに準備できるものはしておくにこしたことありませんね。

まとめ

わかりやすくまとめると

  • 大晦日とは一年の最後の日である12月31日のことであり、一年を締めくくる12月の晦日は頭に大をつけた大晦日と呼ぶ
  • 旧暦は月の満ち欠けで暦が決まっていたことから新月を1日と30日には月が隠れる"晦"となることから晦日とよぶようになった
  • 新年の神様「歳神様」をお迎えするため大晦日までに掃除や正月飾りを済ませ、大晦日当日は新年を迎えるために掃き納めや年の湯をする

早いものであと数日で2021年もおわりますね。
毎年毎年、早めに大掃除や正月飾りに取り掛からなきゃと頭ではわかっているはずなんですが、結局ぎりぎりになってしまう…。
出来ることから早めにスケジュールをたて、慌てずに歳神様を迎える準備を進めたい!
皆さんも大晦日当日、そして大晦日までにすることをチェックし良いお年をお迎えくださいね。

-未分類

© 2022 ザッツイアラ