トピックス

オリガルヒとは語源・意味は?総資産は?

ロシアのプーチン大統領によるウクライナ侵攻に対し、これを止めようと、米国、EU、日本などが、ロシアの新興財閥オリガルヒに制裁を課しています。

オリガルヒとはどんな語源から来ており、その意味はなんなんでしょう?
オリガルヒの総資産はどれだけで、ロシア経済の何%を占めるのでしょう?

オルガルヒの個人名を挙げ、プーチン大統領との関係、それぞれの総資産、各国の制裁との関係を一覧表にしました。

GDPは韓国以下だというのになんでこんなに金持ちが?

オリガルヒとは語源・意味は?

オリガルヒの語源と意味、歴史についてまず見てゆきましょう。

ロシアやウクライナ等旧ソ連諸国が資本主義化される過程で作られた政治的影響力を持つ新興財閥を意味していました。
寡頭制を意味するギリシャ語 (oligárkhēs) を語源とすると言われています。

ソ連が崩壊した1990年代のロシアでは、オリガルヒは怪しい方法で権力を掌握し、その多くが民営化の流れの中、国営企業を二足三文で買収して繁栄しました。

1996年には、オリガルヒが支持したおかげで、ボリス・エリツィンが大統領選で勝利しました。
エリツィンを中心とした側近集団は、後に俗にエリツィン・ファミリーという一大派閥を形成することとなりました。

このような政治と新興財閥の癒着は、腐敗の温床を形成したため、新興財閥に対して批判的な世論が高まってきました。エネルギーや資源関連の産業は、特に独占的傾向が強く、競争原理が働きにくい状況から経営の不健全性、不透明性が問題となってゆきました。

2000年代初めに、プーチン政権発足とともに、政権と対立関係にある新興財閥に対して脱税容疑などで、締め付け、政治に直接影響力を行使した本来の意味でのオリガルヒは政策決定の場から放逐されました。

プーチンは、政治的脅威となる新興財閥に対しては、これを容赦なく抑圧する方針を掲げる一方で、政権に忠誠を誓った財閥とは関係を深めてゆきました

2007年からの世界金融危機で、多くの新興財閥が没落の危機に瀕した際、プーチン政権は、政府の資金でどの新興財閥を救済するかを選別しました。

また、2010年に入って石油や株式市況の改善、そして何より政府の富豪救済策もあって新興財閥は息を吹き返しました。

プーチンの親族が富豪化するなど政商取り巻きが豊かにはなっていますが、以前とは違い、財閥は政治に口出すというより、2014年クリミア危機に遭遇しても、基本的に政府に従順でありつつ、財を増やし続けてきました

オリガルヒが何を言ってもプーチンにはちっとも堪えんのか!

オリガルヒの総資産は?

ロシアの富豪たちはウクライナ侵攻後のロシア株急落などによって資産を減らしたものの、彼らがもつ富の総額の国内総生産(GDP)比は3月3日時点でも15%超と、米国(15%弱)などよりも高くなっています。

ロシア連邦の2021年に分かる最新の名目GDP (国内総生産)は、 $1,483B ですので、これの15%というと、$222Bすなわち、約25兆5300億円となります。

ブルームバーグの世界の「ビリオネア・インデックス」で400位までに入るロシア富豪のランクを見てみましょう。

ランク名前 読み総資産1年間の増減産業分野 
53Vladimir Potaninウラジミール・ポターニン$25.5B-$5.40Bロシア連邦商品オリガルヒ
61Alexey Mordashovアレクセイ・モルダショフ$22.3B-$6.49BRussian Federation工業用オリガルヒ
62Leonid Mikhelsonレオニード・ミケルソン$22.3B-$10.1BRussian Federationエネルギーオリガルヒ
69Vladimir Lisinウラジミール・リシン$21.2B-$6.78BRussian Federation工業用オリガルヒ
84Andrey Melnichenkoアンドレイ・メリニチェンコ$19.3B+$1.86BRussian Federation工業用オリガルヒ
90Alisher Usmanovアリシェフ・ウスマノフ$18.5B-$2.77BRussian Federation多角化
128Roman Abramovichロマン・アブラモビッチ$13.9B-$4.10BRussian Federation多角化オリガルヒ
134Mikhail Prokhorovミハイル・プロホロフ$13.4B-$564MRussian Federation多角化オリガルヒ
170Gennady Timchenkoゲンナジー・チムチェンコ$11.8B-$10.6BRussian Federation多角化オリガルヒ
176Suleiman Kerimovスレイマン・ケリモフ$11.7B-$3.56BRussian Federation商品オリガルヒ
199Dmitry Rybolovlevディミトリ・レべデフ$10.4B-$598MRussian Federation多角化オリガルヒ
205Victor Rashnikovビクトル・ラシニコフ$10.3B-$3.92BRussian Federation工業用オリガルヒ
211Mikhail Fridmanミハイル・フリドマン$10.1B-$3.84BRussian Federation多角化オリガルヒ
281Vyacheslav Kantor$8.13B-$896MRussian Federation工業用
344German Khanジャーマン・カーン$6.92B-$2.58BRussian Federation多角化オリガルヒ
346Alexander Abramovアレクサンダー・アブラモフ$6.91B-$2.17BRussian Federation工業用オリガルヒ

資産合計は$233Bとなります。ほぼ前記計算と合います。

次に、オリガルヒと呼ばれている面々の、資産総額、プーチン大統領との関係、現時点でわかっている制裁対象の有無について一覧しました。

総資産名前プーチン大統領との関係企業制裁対象
$18.5Bアリシェフ・ウスマノフお気に入り通信大手「メガフォン」の株式の過半数と、鉄鋼大手「メガロインベスト」の株式2月28日EUの制裁
ボリス・ローテンベルク柔道仲間「SMP」銀行の取締役クリミア侵攻後、米国の制裁
アルカジー・ローテンベルク柔道仲間大手建設会社「モストトレスト」の所有者クリミア侵攻後、米国の制裁
イゴール・シュワロフ元第一副首相(2008~2018)政府系金融機関「VEB」の会長3月3日米国の制裁
エフゲニー・プリゴジン「プーチンの料理人」高級レストラン、インターネット・リサーチ・エージェンシー米国、EUの制裁
セルゲイ・チェメゾフ元KGB将校国営軍事企業ロステックのCEOクリミア侵攻後、米国の制裁
ニコライ・トカレフ元KGB将校国営パイプライン企業社長今回、米国とEUから制裁
$25.5Bウラジミール・ポターニン元第一副首相インターロス・グループ、銀行家、金属鉱業の大物実業家
$22.3Bレオニード・ミケルソンプーチンの親友天然ガス大手ノバテックの創業者兼会長
ピョートル・アヴェンプーチンに最も近いオリガルヒのひとり商業銀行アルファ・グループの代表2月28日EUから制裁
$10.1Bミハイル・フリドマンプーチンの側近を援助する者商業銀行アルファ・グループの創業者ウクライナ侵攻に反対を表明、2月28日EUの制裁
$22.3Bアレクセイ・モルダショフロシア一の富豪セヴェルスターリEUの制裁
$13.9Bロマン・アブラモビッチプーチンの側近を援助する者チェルシーFCのオーナー3月10日英国の制裁
オレグ・デリパスカコングロマリット(複合企業)En+(エンプラス)CEO3月14日英国の制裁
アンドレイ・コスティン国営銀行VTB会長3月10日英国の制裁
アレクセイ・ミラー天然ガス世界最大手ガスプロムCEO3月10日英国の制裁
$10.4Bディミトリ・レべデフ金融大手バンク・ロシア会長3月10日英国の制裁

いずれも資源など大産業グループや企業の上層部にあり、なんらかの形で、プーチンと関係が深いことがよくわかります。
一部を除いて欧米の制裁対象となっています。

オリガルヒの中には、ミハイル・フリドマンのように、ウクライナ侵攻に反対したり、ウラジミール・ポターニンのように、「資産接収に動けば今後数十年にわたって世界の投資家からロシアに不信感が向けられる結果になる」と指摘するものもいますが、プーチンは聞く耳を持たないようです。

政権に従順で、財を築くのはかまわないが、昔のようには、政権運営に口を挟ませないというプーチンの方針が揺らぐことがないのかもしれません。

意見を言えるのが周りに誰もいないとしたら、恐ろしいこと!

オリガルヒに関するSNSの反応

アブラモビッチはオリガルヒと言われるプーチンファミリー。プーチンを支えてその見返りに巨額の富を築いてきた財閥。その資金で活動してたのがチェルシー。プーチンとアブラモビッチは切り離せないが故の今回の制裁。
引用:https://twitter.com/boc_acacia/status/1501951918754582541
「オリガルヒ」のイタリアにおける資産を片っ端から凍結、押収て行っている。エネルギー帝国のゲンナジー・ティムチェンコは、5000万ドル相当のボートをサンレモで押収。ロシアとウズベクのガスの大御所アリシェルウスマノフの1700万の不動産を押収。
引用:https://twitter.com/vismoglie/status/1502735405636009989

現ロシアが社会主義国でないというのは、たとえばオリガルヒと呼ばれる財閥とか企業支配者がいることがその一例
本来、社会主義国というのは生産手段の私有を認めないので、地位や役職に伴って利得を得る政治家や官僚はいても、企業グループや不動産を私有する資本家や財閥一家はいない
引用:https://twitter.com/ShinHori1/status/1503295832430297088

ソ連解消後の東欧圏、確かに政治的には「自由化」されたかもしれないが、同時にアパラチキ上がりのオリガルヒに「搾取の自由」をも与えてしまったのではないか
経済的にはスターリン主義時代の党官僚が「企業経営者」として経済主導権を握り続けているだけで、人民はあんまり裕福になれていない
引用:https://twitter.com/m_k_sF_/status/1504267292116684800

まとめ

わかりやすくまとめると

  • オリガルヒの語源は、ギリシャ語の寡頭制を意味する言葉で、ロシアで、政治的影響力を有する新興財閥を指す
  • オリガルヒの総資産は、ロシアのGDPの15%で、$222Bすなわち、約25兆5300億円と推定される
  • プーチンは従順なオリガルヒだけを残し、これまで、政治に口を挟ませずに、蓄財を認めてきたため、オリガルヒへの制裁が、侵攻停止に効果があるかは不明
世界中が何もできずに手をこまねいているようで、やりきれないな

-トピックス

© 2022 ザッツイアラ