エンターテイメント

ねぶた祭りの意味は?掛け声ラッセラーどういうことか調べてみた

青森の夏を彩る伝統ある祭り「ねぶた祭り」が2022年8月2日より、3年ぶりに開催されました!
ねぶた祭りといけば「ラッセラー」という掛け声が有名ですが、なぜ掛け声が「ラッセラー」なのでしょうか。
そもそもねぶた祭りってどんなお祭りで、どんな意味があるのか…そういえば詳しいことは知りません。
よりねぶた祭りを楽しめるように詳しく調べてみたのでシェアしていきます。

ラッセラーって聞くと猫ひろしさんの印象が…!本場のラッセラーきいてみたいー!

ねぶた祭りの意味は?

日本を代表するお祭りの1つである青森ねぶた祭り。
夏の夜を色鮮やかに彩る迫力満点のねぶたを一度はこの目で見てみたい!
さて、そんな青森ねぶた祭り、皆様…意味ってご存知ですか?
そもそも意味があるかなんて考えたこともない…なんて方もいらっしゃるかもしれません。
詳しく調べてみました!

ねぶたとは”眠り流し”

ねぶた祭りのねぶたとは一体何なのでしょうか。
実はねぶた祭りの歴史は江戸時代まで遡り、七夕頃に行われる東北地方の風習である「眠り流し」からきているといわれています。
眠り流し…一体何のことなのでしょうか。
眠り流しとは夏の農作業の忙しい時期に疲れからくる"眠気"を追い払う行事のことで、灯籠や笹竹などを海や川に流すというものなんです。
諸説ありますが「眠気を流す」が「ねむた流し」に変化。
「ねむた」が「ねぶた」と言われるようになったのではないかと言われています。

https://www.pref.aomori.lg.jp/kids/09_festival.html
(引用:青森県庁ホームページ)

ねぶたとねぷたの違い訛り

ねぶた祭りの意味や掛け声はもちろんですが、そもそも"ねぶた"なのか"ねぷた"なのか…どちらが正しいのでしょうか?
私はずっと"ねぶた祭り"と呼んでいましたが、実は"ねぷた"が正しかったのかしら…気になります。
調べてみたところ、「ねぶた」と「ねぷた」は地域の訛り方によって呼び方が違うだけで大きな違いはありません。

青森市周辺と下北は「ねぶた」、弘前市を中心とした津軽地方は「ねぷた」と呼ぶことが多いようです。

なぜこんなに発展したか

今や「ねぶた祭り」といえば全国各地から人々が集まるほど有名で人気のあるお祭りですが、なぜこんなに発展したのか気になりますね。

そもそもねぶた祭りは奈良時代に中国から渡来した「七夕祭」と古来から津軽にあった「精霊送り」などが一体化して灯籠となったことから、現在のねぶたの姿が生まれたといわれており、昭和初期までは人形の灯籠を担ぐものが主流でした。
ですが戦後から現在のような大型化が進んでいき、ねぶたの題材も伝説上、歴史上の人物や歌舞伎などが多かったのが最近では地元の伝説や偉人、さらに大河ドラマのテレビ番組を題材にしたものなどバリエーション豊富なねぶたが増えてきました。

壮大な絵柄に、エネルギッシュで迫力満点なねぶたが多くの人の心に響き、年々パワーアップして発展してきたのではないかと思いました。

掛け声ラッセラーの意味は?

ねぶた祭りといえば「ラッセラー」の掛け声が有名ですが、よくよく考えてみれば「ラッセラー」って一体どんな意味があるのか不思議ではありませんか?!
よくある掛け声は「わっしょい」とか「ソイヤ」とか「よいやさ」など聞き馴染みのある言葉ですが、ねぶた祭りは「ラッセラー」なんです。
意味が気になりますね〜。
調べてみたところ青森県庁の公式ホームページに詳しい解説が載っていました。
解説によりますと、もともと掛け声は「ラッセ、ラッセ」「ラセ、ラセ」というものでしたが、ねぶたをひいて歩くときにろうそくを集めるため「出せ、出せ、ろうそく出せ、出さねばかっちゃくぞ」というようなものがあったようです。
よって「ラッセラー」はお菓子やろうそくをねだった「出せ、出せ」が関係しているのではないかと解説されていました。

なるほど!
昔はろうそくでねぶたを灯していたため、ろうそくをねだった「出せ、出せ」が語源となっていたんですね。
今はろうそくは必要ありませんが、祭りを盛り上げるため心を1つにする気持ちを"出す"ことが大切かもしれませんね。

ラッセラーってそんな意味があったんや〜!意味を知るとより「ラッセラー」って掛け声の歴史感じてますますねぶた祭りが魅力的に思える

3年ぶりのねぶた祭りにSNSの反応は?

青森のねぶた祭りが3年ぶりの開催!やっぱり東北の夏には欠かせない!
引用:https://twitter.com/picotour/status/1554838871858225152
東北に来てからずっと行きたかったねぶた祭り。3年ぶりの開催!大迫力で元気をたくさんもらいました!感動をありがとう!
引用:https://twitter.com/takiguchimira/status/1554799168086233088
3年ぶりのねぶた祭り。やっぱり最高!やっと夏がきたーと感じました
引用:https://twitter.com/chibimekko/status/1554824427933642753
ねぶた祭り最高でした!コロナによる規制で本来の感じにはいかないかもしれないけど3年ぶりに開催されたことに感動してウルウルでした
引用:https://twitter.com/lily_spacey/status/1554481254401449986

まとめ

わかりやすくまとめると

       

  • 2022年8月2日より3年ぶりにねぶた祭りが開催される
  •    

  • ねぶた祭りの「ねぶた」とは眠気を流すという"眠り流し"から変化し"ねぶた"となった
  •    

  • 「ねぶた」と「ねぷた」の違いは地域の訛り方の違い

3年ぶりとなるねぶた祭りの開催にSNSでも盛り上がっていますね。
You Tubeでねぶた祭りの様子をみましたが、圧巻の迫力!
元気やパワーをもらえますね。
青森の夏を彩るねぶた祭り、開催されて本当に嬉しく思いました。

青森ねぶた祭り2022テレビ放送・ネット中継の見方は?時間と魅力まとめ

-エンターテイメント

© 2022 ザッツイアラ