エンターテイメント トピックス

湊かなえ母性の原作感想まとめ!映画化に反響

ドラマ『ハコヅメ たたかう!交番女子』で先輩、後輩を演じた戸田恵梨香さんと永野芽郁さんが、今度はなんと母娘役を演じます。

戸田恵梨香さんと永野芽郁さんが母娘役を演じることで話題の作品は、湊かなえさんの人気作『母性』

当記事では、湊かなえさんの人気小説である『母性』の映画化についての情報と原作の感想をまとめてみましたので、シェアしていきます。

『母性』実写映画化…!!!まじか!!!これは必見。


湊かなえ母性の原作感想まとめ

映画化が決定した『母性』
公開は11月23日とまだ少し先ですが、早くも大注目の作品です。
そんな『母性』のあらすじや原作の感想などをまとめていきたいと思います。

あらすじ

『母性』は、母と娘の回想が主となったお話です。

"愛能う限り"娘を愛してきた母と"母にずっと愛されたかった娘"

母であるルミ子(戸田恵梨香)は、実母に愛され、自らも母を愛し育ちました。
ルミ子は何をするのも母の指示を仰いでから。
プロポーズされた時も母に聞いてから返事をしたほどです。
母が認めた相手と結婚したルミ子は、やがて娘を出産。
自分がそうされたように娘を愛して育てていきます。
しかし、その裏にあったのは「母親に褒められたい」という気持ち。
母に褒められるために、理想の娘であるために子育てをします。

ルミ子の娘である清佳は、そんな母親の歪んだ愛情を感じながらに母親の期待に応えようと努力をします。
少し歪な形ではありますが、それでも平和に暮らしてきた一家。

しかしある夜自宅が火事になってしまいます。
ルミ子が気付いた時には、火が回っており大きなタンスに潰され身動きの取れなくなった母と清佳の姿が。
ルミ子は母を助けようとしますが、母は清佳を助けるように懇願。
それでも迷うルミ子ですが、最終的には清佳を助けます。

この火事が原因で、最愛の母を失ったルミ子、母に選ばれなかった清佳、歪ながらも均衡を保っていたバランスは崩れてしまい…

この母娘の行く末はどうなってしまうのか
ページをめくる手がとまらない作品です。

原作と作者

映画『母性』の原作小説の作者は湊かなえさんです。

湊かなえさんと言えば
『告白』、『Nのために』、『白ゆき姫殺人事件』などの話題作を次々と世に送り出しているイヤミスの女王です。

『母性』は、湊かなえさんがこれが書けたら作家を辞めてもいいという思いで心血を注いで書き上げた作品です。

『母性』を読み終わったあとは、母とは、娘とはと考えさせられる小説です。


原作の感想まとめ

映画『母性』の原作である湊かなえさんの同名小説。
レビューは星5つ中4つと高評価でした。
原作を読んだ方の詳しい感想をまとめてみました。

湊かなえさんの作品でもあるし「母性」という、意外と巷にある言葉に惹かれ購入
期待を裏切らない展開にもう「一気読み」でした。それにしても、どうしてこんな風に彼女の作品は「人間の関係性」について、魅力的に描けるのだろう、と
いつも思います。「母」を使った言葉「母校」「母乳」「分母」「母港」、、、はたして「父」は、、、、、そんなところが、あとがきにも書いてありますがキーワード
になりそうです。
母と娘という題材はよくあるけれど、母子の関わりの中での心の内をここまで丁寧に描いている作品を私は知りません。様々な事象の中で、登場人物の一人ひとりの背景が明るみになり、「悪人」とか「善人」とか簡単に分けられるものではない事に気づいていきます。悪人のような善人も、善人のような悪人もいて、そのどちらも人間らしい心の浮き沈みの中でもがいていました。
人はどうしても自分だけの視点で物事を見て、判断し、決めつけてしまう。でも物事は白か黒ではないし、人は皆グラデーションで、常に流動的なのだと理解できます。また目の前にある現実を恐れて逃げ出してしまう、そんな弱さもきちんと表現されていました。
母に会いたくなりました。
そして、女で産まれて良かったと思うと同時に女で産まれたことの覚悟と複雑さを感じました。
母と娘の気持ちを、お互いの目線で語られるちょっと怖い作品でした。
湊かなえ作品は、いつも話の展開が読めずに最後まで気の抜けないものが多いのですが
この作品も最後は「なるほど」となり母子の深い愛情が痛いほど伝わりました
引用:Amazonレビュー
母性(新潮文庫) https://www.amazon.co.jp/dp/B08QRDXPRD/ref=cm_sw_r_apan_F5GACTNJ90A2NTZ4NP83

母性が映画化!キャストは?

映画『母性』では、母親のルミ子を戸田恵梨香さん、娘の清佳役を永野芽郁さんが演じます。

他のキャストも豪華で、大地真央さんがルミ子の実母役、高畑淳子さんがルミ子の夫の母役として出演。
大地真央さん、高畑淳子さんの演技力を存分に発揮し狂気の母を怪演します。

更に、ルミ子の夫役に三浦誠己さん。
ルミ子の親友役に中村ゆりさん。
ルミ子の義妹役として山下リオさんが出演します。

大地真央さんと高畑淳子さん。どっちもクセすご母であること間違いなし…!!

まとめ

わかりやすくまとめると

  • 湊かなえさんの小説『母性』が映画化。戸田恵梨香さんと永野芽郁さんが母娘役を演じる。
  • 原作小説は湊かなえさんが「これが書けたら作家を辞めてもいい」と思ったほど心血を注いで書き上げた作品。
  • 原作のレビューは星5中4と高評価で、親子のあり方や母とは何かを考えさせられるといった感想が多かった。

映画の公開は2022年11月23日とまだ少し先。
映画公開前に原作小説を読んで、小説ならではのカラクリに騙されて欲しいなと思います。

映画と原作小説を比べるのも楽しみのひとつとなりそうですね!

-エンターテイメント, トピックス

© 2022 ザッツイアラ