スポーツ

MGC女子マラソン代表の条件は?いつ開催で決定される?

パリ2024オリンピック競技大会マラソン日本代表選考競技会として前回と同様に、マラソングランドチャンピオンシップ(以下、MGC)が開催されます。
MGC女子マラソン代表の条件はどうなったのか?いつ開催されて、代表が決定されるか?

条件が東京五輪より、少し複雑になっていますので、じっくり見てゆきましょう。

よーく考えないと分からへんな!

MGC女子マラソン代表の条件は?

MGC女子マラソン代表の進出条件は、以下のようになっています。

JMC大会グレードJMC加盟大会 開催日条件
G1第1期第41回大阪国際女子マラソン大会 2022年1月30日1~3位は2時間28分00秒以内、4~6位は2時間27分以内
G1第1期名古屋ウィメンズマラソン2022  2022年3月13日同上
G1第1期東京マラソン2021  2022年3月6日同上
G2第1期第10回大阪マラソン・77回びわ湖毎日マラソン統合大会2022年2月27日1位+2時間28分以内、2位~6位+2時間27分以内
国際大会2022オレゴン世界選手権2022年7月15日~7月24日8位以内
国際大会2022杭州アジア大会2022年9月10日~25日3位以内
G1第0期第40回大阪国際女子マラソン大会 2021年1月31日
G1第0期名古屋ウィメンズマラソン20212021年3月14日
ポイント対象大会2020年東京オリンピック2021年8月8日
記録(1本)JMC加盟大会(G1~G3)および対象国際大会2時間24分以内
記録平均(2本)JMC加盟大会(G1~G3)および対象国際大会2時間28分以内
JMCランキングシリーズ1 (第0期、第1期)ランキング上位8名
シリーズ2 (第1期、第2期)ランキング上位8名

基本は今年のG1、G2グレードの国内大会での、順位と時間、今年の国際大会での順位や、次のJMC(ジャパンマラソンチャンピオンシップ)ランキングでの各期間でのランキング上位8名を条件とします。
また、JMC加盟大会(G1~G3)および対象国際大会で決められた時間を1度または2度(平均)突破した場合にも参加が認められます。

2月7日時点での女子MGC出場権獲得者(ファイナリスト)は以下の6名です。
第41回大阪国際女子マラソン大会の結果が反映されています。

No. 名前 所属登録陸協自己ベスト出場権を獲得した大会と記録順位・記録
1松田瑞生ダイハツ大阪1970-01-01 02:20:52第41回大阪国際女子マラソン大会1位(2:20:52)
2上杉真穂スターツ千葉1970-01-01 02:22:29第41回大阪国際女子マラソン大会2位(2:22:29)
3松下菜摘天満屋岡山1970-01-01 02:23:05第41回大阪国際女子マラソン大会3位(2:23:05)
4谷本観月天満屋岡山1970-01-01 02:23:11第41回大阪国際女子マラソン大会4位(2:23:11)
5阿部有香里しまむら埼玉1970-01-01 02:24:02第41回大阪国際女子マラソン大会5位(2:24:02)
6佐藤早也伽積水化学千葉1970-01-01 02:23:27第41回大阪国際女子マラソン大会6位(2:24:47)
なお、ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズとは、1つの年度を「期」、2期分を「シリーズ」として、2年間のシリーズ総合成績を争うシステムで、安定して高いレベルのパフォーマンスを残した競技者が、日本選手権者や日本代表となる仕組みとなります。
各シリーズのチャンピオンには賞金600万円、2位は300万円、3位は100万円が授与されます。
「シリーズⅠ」は、2020年12月~22年3月(第0期と第1期)、「シリーズⅡ」は2021年11月~2023年3月(第1期と第2期/22年度)、「シリーズⅢ」は2022年4月~2024年3月(第2期/22年度と第3期/23年度)、「シリーズⅣ」は2023年4月~2025年3月(第3期/23年度と第4期/24年度)が対象期間となります。
各シリーズの総合成績で、シリーズ最終年度の日本選手権の順位が決まります。

記録ポイントと大会のグレードを考慮したJMCポイントの合計で、パーフォーマンスポイントとなり、加算されてゆきます。

第1期は、日本陸連の主催・後援大会やトップレベルの競技者が多く出場するマラソンを想定した、G1とG2の2グレードでスタートしています。第2期からは、全国各地の公認マラソンを広く対象に想定したG3、第3期からは最上位のGSを導入する予定となっています。

現時点での、JMCシリーズⅠ(第0期と第1期)の順位は、第41回大阪国際女子マラソン大会を制した松田瑞生がダントツの1位となっています。

順位名前所属都道府県総合ポイント第0期ポイント第1期ポイント
1松田瑞生ダイハツ大阪257812841294
2上杉真穂スターツ千葉247712191258
3松下菜摘天満屋岡山246012131247
4阿部有香里しまむら埼玉245312311222
5佐藤早也伽積水化学千葉244712371210
6谷本観月天満屋岡山235811221236
7加藤岬九電工福岡232211741148
8田中華絵第一生命グループ東京231911941125
9川内理江大塚製薬徳島231411171197
10池満綾乃鹿銀鹿児島231211681144

MGCマラソンはいつ?

パリ五輪の前年2023年秋に開催されることが決まっています。
具体的日程は今後発表されます。

東京五輪では、開催予定の前年2019年9月15日に実施されました。

東京五輪の結果が、期待したほどでなかったという反省からできたんやって

パリ五輪代表決定との関連

基本的に東京五輪での代表選考と同様、MGCでの“一発勝負”のレースで、代表を選考します。
東京五輪選考と同様、2023年秋に開催予定のMGCの上位2人を最優先に選考し、残る1人は「MGCファイナルチャレンジ」として、主要大会の成績を考慮して選ぶことになりそうです。

男子の大迫傑選手が6位、女子の一山麻緒選手が8位に入賞したことで、選手強化と選考過程の透明の成果はあったと見た訳です。
これにさらに磨きをかけるため、新たに、JMCを新設し、安定的に高いレベルのパフォーマンスを出せる選手をMGC進出条件に加えたことになります。

これでもっとええ結果がでるといいやけど

MGC女子マラソンに関するSNSの反応

男子も女子も日本記録を狙えるような選手はだいたい決まってるよね。MGCは実力が拮抗している選手間の選考方法としてはすっきりしているし、目標にもなるので悪くはないと思うが、考え直した方がいいよね。
男子がここ5年くらいで日本記録が伸びているのに対し、女子は全く伸びていない。
箱根駅伝などで区間新が連発していることから、陸上界の技術は相当伸びているはずだと思うのだが、いったいなぜなのか。
現役選手の一山を越えれないのはさぞ悔しいだろう。MGCの直接対決で決めなよ!ペーサーなしで!
(松田瑞生は)元々、非常に走りの成功率の高いランナーで、MGCの失敗が不可思議な話だった。一山麻緒に負けたのは別レースなので不運という話のみ。五輪に選ばれるべき実力者だったことは間違いない。
もちろん、選出方法は最も不公平感がないもので、出られなかったのは仕方ない。
松田さんは強い印象を受けました。その一方、シューズの効果も有るのでしょうが、記録が伸びでいる男子に比べて、15年以上前の野口さんの記録を更新出来ない原因何なのか仮説でも立てて、その対策の必要性をも感じます。
出典:ヤフコメ

まとめ

わかりやすくまとめると

  • MGC女子マラソン代表の条件は基本的には、東京五輪と同じだが、新設されたJMCの各シーズンでの順位をクリヤーした選手も含まれる
  • MGCマラソンは、2023年秋に開催される
  • 先日の大阪国際女子マラソン大会で、女子MGC出場権獲得者がすでに6名決まった
女子は世界にだんだん置いて行かれる気もするな!

関連

-スポーツ

© 2022 ザッツイアラ