スポーツ 北京五輪

マススタートとはルールは?パシュートとの違いは?【スピードスケート】

北京冬季五輪のパシュートの最後100mでの転倒で金メダルを逃した高木奈菜選手が、リベンジを誓うマススタートが19日に開催されます。

マススタートとはそのルールや意味、パシュートとの違いを詳しく見てゆきましょう。

平昌五輪でマススタート初代女王となった高木奈菜がどんな意地を見せるか注目です。

あんまり入れ込みすぎない方がええと思うよ!

マススタートとは意味は?

マススタートとは意味や特徴についてじっくり考えてゆきましょう。

massの意味

Mass(マス)には「集団」の意味があります。
マススタートの意味は、「集団が同時にスタートする」ということを指します。
シングルトラックでマラソンのように一斉にスタートし滑走する競技です。集団種目となるマススタートは、インナーレーンのさらに内側のウォームアップレーンも使用します。

スピードスケート競技の種目

北京五輪でのスピードスケート競技の種目は以下となっており、男女で多少の違いがあります。
短距離
500M / 1000M
中長距離
1500M / 3000M / 5000M /10000M
チームパシュート
マススタート

それぞれの競技に特徴があり、選手による得意不得意があります。
マススタートは、後に述べる競技の特徴からすると、長距離の持久力、短距離の瞬発力、両者が必要でオールラウンドプレーヤー向きと言えそうです。

マススタートのルールは?

多数の走者が一斉にスタートして16周でゴールの着順を競います
4周目、8周目、12周目では通過順の1位、2位、3位それぞれ5ポイント、3ポイント、1ポイントが与えられ、ゴールでは60ポイント、40ポイント、20ポイントが与えられてその獲得ポイント合計で順位が決定します。

また、スタート直後の転倒事故を防止するため、ポジションを争う加速は禁止されています。
1周目は集団でゆっくり滑走し、2周目の合図から急加速が認められます。

転倒などで周回遅れとなった場合や、他の走者を妨害するなどした場合は失格となります。しかし、わずかな接触だけでは失格にはなりません。

世界距離別選手権(2020/2/16)での順位と、各周回でのポイントを見てみましょう。

順位国・地域選手名S1S2S3S4(ゴール)合計
1位カナダイバニー・ブロンディン0006060
2位韓国キム・ボルム0004040
3位オランダイレーネ・シャウテン0002020
4位日本 高木菜那0001010
5位イタリアフランチェスカ・ロロブリジダ00066
6位カナダヴァレリー・マルタイス03205

ここで、イバニー・ブロンディン(カナダ)が60ポイントで、1位、高木菜那は、10ポイントで4位となりました。二人を含む上位5選手はいずれも4周、8周、12周目では、1~3位に入っておらずすべて0ポイントです。
一方、ヴァレリー・マルタイス(カナダ)は、8周目で3ポイント、12周目で2ポイントを稼いでいます。しかし、16周目となるゴール(S4)では6位までに入っておらず0ポイントで、合計5ポイントとなり、ゴールで上位に来た5選手の後塵を拝しました。

つまり、16周目のゴールの順位が圧倒的に大きなポイントをしめることになります。

パシュートとは違った面白さがあるんや

パシュートとの違いはあるの?

両競技の違いを表にまとめました。

 マススタートチーム パシュート
種目個人種目団体種目(3人が1チーム)
スタート多数の走者が一斉に2チームが同時に
使用レーンインナーレーンインナーレーンのみ
ウォームアップレーン
周回数(400mリンク)16周男子8周、女子6周
勝敗4周目、8周目、12周目、ゴールの獲得ポイントの合計最後にゴールした走者のタイム
必要な技術長距離を滑るスタミナ3人のチームワーク(先頭を担当する周回数や順番を調整する戦術)
他の選手との駆け引きをする瞬時の判断力空気抵抗や先頭交代による減速ロスを以下に抑えるか
ラストスパートのトップスピード
ラストで、最短距離で急カーブを駆け抜ける技術
個人と団体競技の違い以上に、勝つために、必要な技術など大きな違いがあります。

マススタートでは、ポイントの重みから言って、最終16周目での駆け引きで勝負が決まりますので、そこに至る長距離を滑るスタミナ、他の選手との駆け引きをする瞬時の判断力、ラストスパートのトップスピード
や、最短距離で急カーブを駆け抜ける技術が大きなポイントとなってくるわけです。

さらに、各国最大2人出られるので、レースを作ったり、前の選手を追ったりする「アタッカー」、もう1人がアタッカーのサポートを最大限に生かしながら余力を残した状態で最終コーナーおよびストレートでの勝負を挑む「スプリンター」とチームとして役割分担できるという面もあります。

オールラウンドプレーヤーが強みを発揮するみたいやな

マススタート有名選手

高木奈菜(日本)

何と言っても、1番目に挙げられるのが、初めてマススケートが五輪に採用された平昌オリンピックで、初代女王となった高木奈菜選手でしょう。
平昌オリンピックのマススタートではラストのカーブで内側に切れ込んでの金メダルになったが、「展開を読む能力」「判断力」に加えて、かつて取り組んでいたショートトラックやサッカーの経験を通して培った力が発揮されての金メダルであった。自身はマススタートの金メダルについて「本当に予想通りの展開になってくれて、最後のスプリントで勝つことできた」「自分のスケート人生にとって、かけがえのない日になった」と振り返っている
平昌五輪後も世界距離別選手権で2018年に2位、2020年には4位に入るなど、世界トップレベルを維持し続けています。

イバニー・ブロンディン(カナダ)

2012/2013シーズンの第3回ワールドカップでは、ブロンディンはチームパシュートで優勝した3人のカナダ人女性の1人です。
2014年以降、マススタートに重点を置き、世界距離別選手権2020で優勝しています。
本大会チームパシュートで、日本を破り金メダルを獲得していますので、平昌五輪の高木奈菜と同じ立場で、マススタートに挑むことになります。

キム・ボルム(韓国)

平昌五輪のマススタートで、高木奈菜に次ぐ2位、世界距離別選手権2020でブロンディンにつぐ2位でした。
平昌五輪のチームパシュートでは、銀メダルをえたものの、いじめ問題で、世間から叩かれ、精神的に参っていたようですが、世界距離別選手権の結果から、すっかり立ち直ったようです。

イレーネ・シャウテン(オランダ)

平昌五輪のマススタートで、3位。高木奈菜は、最後に、イレーネ・シャウテンをターゲットに、勝負に出ました。世界距離別選手権2020でキム・ボルムブロンディンにつぐ3位で、高木奈菜の4位を上回りました。
北京五輪では、すでに3000mと5000mで優勝しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Irene Schouten(@ireneschouten1)がシェアした投稿

まとめ

わかりやすくまとめると

  • マススタートのルールと競技としての特徴をまとめ、ゴールでの順位がポイントの大きな要因となることを具体例で示した
  • パシュートは3選手による団体競技に対し、マススタートは個人競技であるなど6点の違いを一覧にした
  • 高木奈菜の強敵となるマススタート有名選手3名を挙げた
マススタートが面白くなってきたわ

-スポーツ, 北京五輪

© 2022 ザッツイアラ