気象・地震

キキクル(危険度分布)の通知サービスの設定方法は?リンクや使い方をシェア

例年より早く梅雨が明けて、猛暑になったと思ったら、全国あちこちで大雨が降り出し、被害が出る季節となってしまいました。

こういう時にこそ、正しい避難のタイミングを逃さないため、大雨による土砂災害や浸水害が起きる危険度や、河川の洪水の恐れをリアルタイムで確認したいところです。

最近評判の気象庁のキキクル(危険度分布)のリンクや使い方、通知サービスの設定方法を大雨に備えてすぐ準備しましょう。

やり方を具体的に説明しました。

うまいこと名前つけたもんや

キキクル(危険度分布)の通知サービスの設定方法は?

キキクル(危険度分布)の通知サービスの設定方法を確認します。
大雨のとき、いつ避難すればいいのかの判断の参考になる気象庁のウェブサイトがキキクル(危険度分布)です。

キキクル(危険度分布)の通知サービスの設定方法やリンクの使い方を災害発生のこれからの時期の前にしっかり確認しておきましょう、

キキクルのリンク・アプリは?

キキクルの気象庁のリンクは以下となります。
https://www.jma.go.jp/bosai/risk/

大雨で土砂災害や浸水害が起きる危険度や、河川の洪水の恐れをリアルタイムで確認できます。これらの危険度を5段階で色分けし、全国の地図上に表示されています。
さらに見たい場所を拡大できますので、自宅や勤務先の近くの崖や川が今どうなのかを確認することも可能です。

危険度が高い順に(1)黒 (2)紫(3)赤(4)黄(5)水色または白――となっています。
危険が迫ったときに、プッシュ型通知サービスを受けるには、以下のアプリをあらかじめインストールし、設定しておく必要があります。

通知サービスは必須

キキクルの通知サービスにつて、気象庁の以下のリンクに、説明があります。

「キキクル」(危険度分布)の通知サービスについて
住民の主体的な避難の判断を支援することを目的として、危険な場所からの避難が必要とされる警戒レベル4に相当する「危険」(紫)などへの危険度の高まりをプッシュ型で通知するサービスを、5つの事業者が実施しています。

通知サービスの設定方法は?

スマホで、気象庁の協力事業者紹介バナーのリンク先に飛びます。
https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/bosai/ame_push.html
5つの事業者のひとつSHIMADZUで設定してみました。
https://tenki.shimadzu.co.jp/otenkijp/

スマホの種類により、AppStoreまたは、Google Playから、
お天気JAPAN」のアプリをダウンロードします。
基本的に無料です。

あとは、指示に従い、自宅や勤務先の地域やどの情報を通知するかを選択し設定します。

テスト通知がありますので、うまく設定できたか確認できます。

他のアプリも設定方法に大差はないと思われます。

キキクルや熱中症は設定したけど、星座占いはせえへんかったで

キキクルSNSの評判は?

全国の気象予報士が、キキクルを使ってSNSを発信してるで!便利なもんや!

まとめ

わかりやすくまとめると

  • タイミングの良い避難のためには、気象庁のリンク「キキクル」で、大雨による土砂災害や浸水害、河川の洪水の危険度をリアルタイムで知ることが非常に大事
  • キキクル(危険度分布)の通知サービスをうけるためのアプリの導入、場所などの設定方法を具体的に示した
  • 気象予報士が、すでにキキクルを活用してSNSでどんどん発信している
キキクルを使いこなせるかどうかで、生死が分かれるなるかも!

-気象・地震

© 2022 ザッツイアラ