トピックス

賭けポーカーは法律上どんな罪なの?違法にならないパターンとSNSの現実

2022年2月15日、賭けポーカーが話題になっています。

賭けポーカーは法律上どんな罪になるのか?
違法にならないパターンについて、今後の勉強になるかと思い調べてみました。

こういうのって曖昧だよね。海外のオンラインベットなら大丈夫とか、友達とのジュースの賭けは大丈夫とか、本当はいろいろな矛盾をはらんでいるけど、まあこういう法律があった方がヤバイ人から逃れられるというのはある

賭けポーカーは法律上どんな罪?

有名Youtuberが賭けポーカー晒され大変なことになっているのだとか。

賭けポーカーは以下に該当すると考えられます。

刑法185条(単純賭博罪)
第185 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
https://ja.wikibooks.org/wiki/刑法第185条

そこまで大きな額ではないですが、刑法に触れることには変わりありません。

気になるのは、「一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。」だよね。どういう場合が当てはまらないんだろう?

違法にならないパターンとは?

刑法で気になるのは、「一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。」ということ。

元々、賭博罪は競馬やパチンコは違うとか、海外にサーバーがあるオンラインカジノは罪に問われたことはない(今のところ)ということで、抜け穴や矛盾がたくさんあるのですが、
この文章の解釈はどうなのでしょうか?

いろいろ弁護士の見解とかを読んでみると
タバコやジュースといった、高価でない「モノ」の場合は問題にならないという解釈が多いみたいですが
金銭に関しては1円から該当するようです。
ただ、あくまで線引きは曖昧のようです。

我々が気を付けるべきこと

賭博罪は知らないと普通にやってしまうことが多いかもしれないものです。
例えば、プロ野球で「今日はxxxがホームラン撃つか500円賭けしようぜ!」といったこと
日常にありそうですが、それをSNSに面白がってアップしたら、ちょっと法律に触れるまずい行為だということです。

小銭なら許されるだろう、という感覚はありますが、法律上金銭の賭けはアウトですので
気軽にSNSにアップしないようにしなければなりません。

というか、友達とそんなことやらんわ。
でもこの法律ないよりあった方がいいよね。勝手に一方的に賭けを持ち込んでくるDQNもいるわけで

現実SNSの反応

SNSの反応を見ると「知人もやっている」「金が絡まないと本気になれないから金を賭ける」「こんなのゴロゴロ出てくる」という反応も多くびっくりしました。

さすがに、この発言の元リンクを載せられないですが、見ていて分かるのは
麻雀好きの仲間とかは、「ガチ」を求めるようで
「ガチ」のためには「リスク」が必要で
そのリスクとは「お金」だそうです。

そんな世界もあるんかーーー。友達少ないから知らなんだーー
そういえば昔、会社の泊まりの飲み会で、夜通し麻雀やるグループがいたけど、私できないから断ったんだけどもしかして賭けやってたのかな...

SNS見る限りは、「実はやってる」という人は多いように感じました。

とにかく、違法ということで認識していたいところであります。

そういえばこんなこともありましたね。

ガチャもいろんなガチャあるけど、あのガチャはヤバイんじゃないかってのもある

-トピックス

© 2022 ザッツイアラ