雑学

初詣でお金いくらが最も縁起がいいかまとめたよ!

もうすぐお正月。
良い1年になることを願い多くの方が初詣に出掛けられることと思います。
さてそんな初詣、いつも気になるのがいざお賽銭…となるとお金いくら入れるといいのか悩みませんか?

10円?いや…新年だし奮発して100円?!
正解がわからないまま毎年初詣を迎えてしまい…改めてお賽銭はいくらがいいのか、縁起のいい金額が知りたい!
ということでお正月を迎えるまでに初詣のお賽銭についてお金いくらがいいのか、縁起のいい金額について調べてみたのでシェアしていきます。

時々賽銭箱に紙幣を入れる人いるけど素晴らしいね!今まで生きてて一度も紙幣を入れたことない…来年厄年やし多めに入れよかな

初詣でお金いくらが最も縁起がいいか?

1年の無事や幸せを願い神社やお寺が参拝客で賑わう初詣で欠かせないのがお賽銭。
お金いくらが縁起がいいか、皆さんご存知ですか?!

やはり金額が大きければ大きいほど縁起いいのかしら…。
徹底的にお賽銭について調べてみましたよ!

お賽銭の意味

そもそもお賽銭の意味って知っていますか?
初詣といえばお賽銭!と改めてお賽銭の意味については案外ご存知ない方も多いかもしれませんね。

お賽銭の意味には諸説あるようですが、私が調べたところお賽銭とは『願い事が成就したお礼として神仏に奉納する金銭のこと』とありました。
もともとは、金銭ではなく米や布がお礼の供物として納められていたようですよ!

またお賽銭は『仏様や神様に対して日頃の感謝の気持ちを捧げるために納めるもの』という意味もあります。

お恥ずかしながら私は今までお賽銭=自分の願い事を叶えてもらうため…と思っていました。
お賽銭を入れたら「今年も元気に笑顔で幸せに楽しく…」と厚かましいほど欲を願っていました…なんてことだ!

感謝を伝えること、祈願成就した際にはそのお礼をお伝えすることがお賽銭の本当の意味!
来年、初詣でお賽銭を入れるときにはそのことを意識して神様、仏様に感謝の気持ちを捧げたいですね。

縁起のいいお金一覧

さてお賽銭の意味はわかりましたが、いざお賽銭を入れるのに金額はどうしようか迷いますね。

ゲン担ぎや縁起を担いだ語呂合わせの金額がよく選ばれるようですよ。
では見ていきましょう〜!

5円

ご縁がありますように。

5円の語呂合わせは有名ですよね。

10円(5円玉2枚)

重ね重ねご縁がありますように。

10円玉一枚はだめなのでしょうか…。

11円

いい縁がありますように。

15円

十分にご縁がありますように。

20円

二重に縁がありますように。

25円

二重にご縁がありますように。

41円

終始いい縁がありますように。

45円

終始ご縁がありますように。

なんか4がつくと縁起悪そうに思いますがそうでもないんですね。

115円

いいご縁がありますように。

485円

四方八方からご縁がありますように。

穴が空いている5円玉や50円玉は''見通しがいい"ということから縁起がいいようですよ。
初詣に行くときはぜひ上記の金額を参考にしてみてくださいね。

21円や31円など、割り切れない数字は恋愛継続や夫婦円満を願うのにいいんやって!でも2人合わせて21円とかにするんじゃなくて、必ず一人ひとりが縁起いい額を用意していくといいで

避けたいお金はいくら?

縁起のいいお金はいくらか分かりましたが、逆に避けた方がいい金額はあるのでしょうか。

避けたい語呂合わせ

縁起が悪くできれば避けたい…といった語呂合わせ、実はあるんです。

思っていた以上に多いので驚きますよ!
要チェック!

10円

遠縁と読めることから縁が遠ざかる。

そうだったんだ…私結構10円入れてました。

33円

さんざんな年になる。

新年早々、気持ちが暗くなってしまう語呂合わせですね…。
33円は避けたい。

65円

ろくなご縁がない。

69円

ろくなことがない。

75円

なんのご縁もない。

えー!ラッキーセブンなのに…なんのご縁もないなんて寂しすぎる語呂合わせですね。

85円

やっぱりご縁がない。

なぜ「やっぱりご縁が"ない"」になるんだろう…「やっぱりご縁が"ある"」だといいじゃないか!

95円

苦しいご縁にあう。

500円

これ以上効果(硬貨)がない。

500円お賽銭に入れるのって語呂合わせ以前に、大金すぎて自分は勇気がでないです…。

こうやって改めて調べてみると、結構避けたほうがいい金額ってあるんですね。

しかし、出雲大社の公式ホームページには「まったく根拠のないおもしろおかしくしようとの"ためにする"語呂合わせにすぎません」と断言!

「祈りの心はお賽銭の金額によって、まして変な語呂合わせで左右されるものではありません」と、ズバッと答えてくださっていますね。

確かにお賽銭の語呂合わせは迷信に過ぎません。
何が一番大切かといえば、神様に向き合い真摯な気持ちでお祈りすることですね。

お賽銭の注意点

お賽銭の注意点をお伝えしましょう。
やみくもにお賽銭を賽銭箱へ入れればいいっていうものでもないのです。
よくお正月のテレビ中継で初詣で参拝客でごった返している様子が映ってませんか?
そのときによく賽銭箱に向かってお賽銭を投げ入れたり放り投げているのを目にします。

これ…実はだめです。
お賽銭って神様へ捧げるものですよね…それを投げたり乱暴に扱うのは良くありません。

しかしお賽銭を投げ入れることで、土地の神様に対するお供えや、祓いを意味することもあるようです。
なので絶対にお賽銭は投げ入れてはダメ!!と断言できずマナーとしては難しいところですね。

でもお賽銭は神様にお供えするもの!
感謝の気持ちをもち丁寧に賽銭箱に入れるのを心がけたいですね。

まとめ

わかりやすくまとめると

       

  • お賽銭の意味は祈願成就した際にお礼として納める、また神様や仏様への日頃の感謝の気持ちを伝えるために捧げるもの
  •    

  • お賽銭はゲン担ぎや縁起のいい語呂合わせの額を選ばれるようで、ご縁がありますようにと5円やいい縁を願って11円などがある
  •    

  • お賽銭を投げ入れることで祓いを意味することもあるようですが、神様に対して感謝の気持ちを持ち丁寧に納めることが大切

あと少しで今年も終わり新しい年がやってきますね!
2022年の幸せを願い多くの方が初詣に足を運ぶことと思います。
お賽銭にも縁起のいい金額、避けたほうがいい金額といろいろありますがあまり左右されず参考程度で、ご自身の思う金額を納めるのがいいと私は思います。
大切なのは神様への感謝の気持ちをもつこと!皆さんにとって幸せに満ちた1年となりますように。

https://thats-kawaguchi.com/5en-ryogae/

-雑学

© 2022 ザッツイアラ