スポーツ

ゴルフ・マスターズの優勝賞金は?テニスとどっちが凄い?

4月7日から、松山英樹の連覇がかかるマスターズ2022が始まります。

昨年松山英樹の獲得金額に驚かされたゴルフ・マスターズの優勝賞金は、今年はいかほどになるでしょうか?

世界で最も稼ぐプロスポーツ選手 TOP20のリストから、他のプロスポーツと比較してみました。

額が大きすぎて眼が回りそうや

ゴルフ・マスターズの優勝賞金は?

2022年今年のゴルフ・マスターズの優勝賞金はいくらになるのでしょう?
昨年マスターズを制した松山英樹の場合は、$2,070,000、日本円にして約2憶2700万円でした(1$=110円換算)

2011年以降の優勝者と優勝賞金の推移を確認しておきましょう。

優勝者優勝賞金(ドル)円(1$=110円として)
2011シャール・シュワーツェル 南アフリカ共和国14400001憶5800万円
2012バッバ・ワトソン アメリカ合衆国14400001憶5800万円
2013アダム・スコット オーストラリア14400001憶5800万円
2014バッバ・ワトソン アメリカ合衆国16200001憶7800万円
2015ジョーダン・スピース アメリカ合衆国18000001憶9000万円
2016ダニー・ウィレットイングランド18000001憶9000万円
2017セルヒオ・ガルシア スペイン19800002憶1700万円
2018パトリック・リード アメリカ合衆国19800002憶1700万円
2019タイガー・ウッズ アメリカ合衆国20700002憶2700万円
2020ダスティン・ジョンソン アメリカ合衆国20700002憶2700万円
2021松山英樹日本20700002憶2700万円

10年で、約1.44倍となっています。

ここ3年据え置かれていることが分かります。アメリカでは、コロナ後の景気回復、インフレが叫ばれていますので、今年はきっとアップすると予想します。

昨年の優勝賞金は競技最終日の4月11日に発表されましたので、今年も最終日と予想されます。
優勝者は賞金総額の18%を獲得します。
2021年は賞金総額$11,500,000でしたので、松山英樹は18%の$2,070,000となったわけです。

テニスやその他の優勝賞金と比較

ゴルフ以外のプロスポーツでの優勝賞金を比較してみましょう。

フォーブスが、2020年6月1日~2021年6月1日に得た賞金や給与・ボーナス、同期間のスポンサー収入を合算して算出した「世界で最も稼ぐプロスポーツ選手」TOP20からどんなスポーツ選手の稼ぎが多いか調べました。

賞金とスポンサー収入の合計となっています。

世界で最も稼ぐプロスポーツ選手 TOP20競技総収入賞金 スポンサー収入
1.Conor McGregor/コナー・マクレガー総合格闘技1億8000万ドル2,200万ドル1億5800万ドル
2.Lionel Messi/リオネル・メッシサッカー1億3,000万ドル9,700万ドル3,300万ドル
3.Cristiano Ronaldo/クリスティアーノ・ロナウドサッカー1億2,000万ドル7,000万ドル5,000万ドル
4.Dak Prescott/ダック・プレスコットアメリカンフットボール1億750万ドル9,750万ドル1,000万ドル
5.LeBron James/レブロン・ジェームズバスケットボール9,650万ドル3,150万ドル6,500万ドル
6.Neymar/ネイマールサッカー9,500万ドル7,600万ドル1,900万ドル
7.Roger Federer/ロジャー・フェデラーテニス9,000万ドル3万ドル9,000万ドル
8.Lewis Hamilton/ルイス・ハミルトンF18,200万ドル7,000万ドル1,200万ドル
9.Tom Brady/トム・ブレイディアメリカンフットボール7,600万ドル4,500万ドル3,100万ドル
10.Kevin Durant/ケビン・デュラントバスケットボール7,500万ドル3,100万ドル4,400万ドル
11.Stephen Curry/ステフィン・カリーバスケットボール7,450万ドル3,450万ドル4,000万ドル
12.Naomi Osaka/大坂 なおみテニス6,000万ドル500万ドル5,500万ドル
12.Tiger Woods/タイガー・ウッズゴルフ6,000万ドル20万ドル6,000万ドル
14.Russell Westbrook/ラッセル・ウェストブルックバスケットボール5,900万ドル3,300万ドル2,600万ドル
15.Patrick Mahomes/パトリック・マホームズアメリカンフットボール5,450万ドル3,250万ドル2,200万ドル
16.James Harden/ジェームズ・ハーデンバスケットボール5,100万ドル3,300万ドル1,800万ドル
17.David Bakhtiari/デビッド・バフティアリアメリカンフットボール4,850万ドル4,800万ドル50万ドル
18.Ronnie Stanley/ロニー・スタンリーアメリカンフットボール4,750万ドル4,700万ドル50万ドル
19.Giannis Antetokounmpo/ヤニス・アデトクンポバスケットボール4,700万ドル2,200万ドル2,500万ドル
20.Dustin Johnson/ダスティン・ジョンソンゴルフ4,450万ドル2,450万ドル2,000万ドル

予想通り、アメリカで人気のあるサッカー、アメリカンフットボール、バスケットボールの有名選手が15選手を占めています。

ただ、ゴルフと同様、個人競技での優勝賞金を、比較したいので、チームプレーのスポーツでの収入は外しました。

残りは、ゴルフが2、テニスが2、F1が1、総合格闘技が1でした。
このうち、テニスは、賞金より、圧倒的にスポンサー収入が多く、ひとにもよりますが、賞金の比較的多いのがF1,ゴルフで、総合格闘技も割合は少ないですが、賞金額としてはそれなりです。

2021年で比較します。

ゴルフ

4大大会で見ますと、
マスターズ  $2,070,000(約2憶2700万円)に対し、
全英オープン $2,070,000  約2億2700万円
全米オープン $2,250,000  約2億4700万円
全米プロゴルフ選手権 $2,160,000 約2億3700万円

テニス

全豪 A$2,750,000 約2億2100万円
全仏 € 1,400,000 約1億8750万円
ウィンブルドン  £1,700,000 約2億5800万円
全米 $2,500,000  約2億7500万円

F1は、「コンコルド協定」によって大会の賞金を外部に公表する事が禁じられていて、個々の大会の賞金額は不明です。

なお、興味深いのが、総合格闘技で、コナー・マクレガーは、2021年1月24日、1年ぶりの復帰戦となったUFC 257でライト級ランキング2位の元UFC世界ライト級暫定王者ダスティン・ポイエーとの試合で、ファイトマネーのみで500万ドル(約5億1900万円)を稼ぎました。
この試合では、TKO負けを喫しています。ただし、テニスやゴルフのように 年に何回も試合をするわけではありません。

従って、ゴルフは、テニスとほぼ同等の高額優勝賞金のプロスポーツだと言えます。

格闘技は、負けても稼げるなんて! 信じられへんわ!

ゴルフ・マスターズの優勝賞金に関するSNSの反応

昨年の松山英樹の優勝時のコメントが多数ありました。

マスターズ優勝賞金2億円2700万あったら…?
もう残りの人生ゴルフしたりして悠々自適遊んで暮らせるやん!
引用:https://twitter.com/naokiya1973/status/1381390730518663172
マスターズは優勝賞金💰よりも栄誉が大きいと聞きましたけど、日本からしたら2億超えの賞金はやっぱりすげー🤣
引用:https://twitter.com/macistick/status/1381412230478974977
マスターズの優勝賞金は、2億2700万!
スポンサーからのボーナスも同額くらいだから、4.5億だな😙
オイラもゴルフの練習しよーっと🤗
引用:https://twitter.com/ponsaka2018/status/1381404590671732736

マスターズ優勝賞金は2億円 1試合で国内男子賞金王を超える
引用:https://twitter.com/golfzanmaievery/status/982914239626178562

まとめ

わかりやすくまとめると

  • ゴルフ・マスターズの優勝賞金はテニス4大大会とほぼ同等
  • プロスポーツの個人競技としては、総合格闘技で優勝賞金が高い試合がある
  • 昨年の松山英樹のマスターズ優勝の賞金額に皆圧倒された
今年も声が出ないくらい圧倒してもらってもかまへんよ!

関連

この記事を見ている人は以下の記事も見ています

ダスティン・ジョンソンの強さ・主な成績を分かりやすく解説


-スポーツ

© 2022 ザッツイアラ