ドラマ

優しい音楽(ドラマ)の見逃し配信情報!面白いと話題の原作も紹介

2022年のテレビ東京新春ドラマスペシャルの放送が決定しました。
タイトルは「優しい音楽~ティアーズ・イン・ヘヴン 天国のきみへ」
新しい年の幕開けにふさわしいハートフルなドラマの予感がします。

ここでは
優しい音楽(ドラマ)の見逃し配信情報
面白いと話題の原作も紹介
として、調べたことをシェアしていきます。

何かと用事の多い年始なのでリアルタイムで見れない方や
もう一度じっくり見直したい方のために役立つ情報を集めました。

お正月に家族そろってほっこりあったかドラマ観よ!おこたにミカンのスタンバイやで!

優しい音楽(ドラマ)の見逃し配信情報

新春ドラマスペシャル「優しい音楽~ティアーズ・イン・ヘヴン 天国のきみへ」は
2022年1月7日(金)夜20時からテレビ東京系列で放送されます。
主演は土屋太鳳さん、永山絢斗さん。
脚本は数々のファミリードラマを手掛けた岡田惠和さん、
監督は『Fukushima50』で日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞した若松節朗さんに稲本響さんのオリジナル音楽
という素晴らしい組み合わせによるラブサスペンスとヒューマンドラマの要素を兼ね備えた
”家族と絆”の物語です。

優しい音楽~ティアーズ・イン・ヘヴン 天国のきみへが面白いらしい

『優しい音楽~ティアーズ・イン・ヘヴン 天国の君へ』は
テレビ東京の正月恒例新春ドラマスペシャルらしく出演者のみなさんも豪華です!
主演は土屋太鳳さん。
北鎌倉の洋館に家族と住む女子大生:鈴木千波を演じます。
千波の両親を演じるのは中村トオルさん・安田成美さん。

千波や鈴木家の運命の歯車を動かすきっかけとなる男:永居タケルを演じるのは永山絢斗さん。
そしてタケルの父を演じるのは佐藤浩市さん。

駅のホームで千波と出会い、全く違う境遇の二人がやがて恋をしたことで
封印されていたミステリーの歯車が時空を超えて動き出す
2022年の年頭にふさわしい優しい再生のドラマです。

あらすじ

大学教授でギターが上手な父・雅志(演:中村トオル)歌がうまくて料理上手で完璧な母・桂子(演:安田成美)と暮らす女子大生の鈴木千波(演:土屋太鳳)はある日いつもより早く家を出た。
江ノ電のとある駅に着いた千波は、ホームにいた永居タケル(演:永山絢斗)を見るなり、思わず立ちすくみ激しく動揺する。
だが心当たりがないタケルは、千波に話し掛けられても困惑する。

父・広木克彦(演:佐藤浩市)が営む小さな造船所で日々真面目に働くタケルは、
古い木造アパートでひとり暮らし中。
家には家族写真や父母のものらしき眼鏡が大事に飾られている。
そんな境遇の違う2人は、奇妙な出会いを経て、やがて恋人同士になるのだが、
なぜか千波はタケルを両親に会わせようとしない。
その衝撃の理由を知ったタケルは――。

北鎌倉を舞台に、それぞれが忘れられぬ過去から新たな一歩を踏み出すまでの〝再生〟を描いたドラマ。
音楽が繋ぐ優しさ溢れる愛と絆の感動物語のドラマです。

原作は?

新春ドラマスペシャル『優しい音楽』の原作は
瀬尾まいこさんの短編集『優しい音楽』です。

まず簡単に瀬尾まいこさんの経歴をご紹介します。

■瀬尾まいこ
生年月日:1974年1月16日
出身:大阪府大阪市
大谷女子大学文学部国文学科卒

2001年に「卵の緒」で坊っちゃん文学賞大賞を受賞し作家デビュー。

その後「幸せな食卓」で吉川英治文学新人賞を
「戸村飯店 青春100連発」で坪田譲治を受賞。
2011年に退職するまで中学校教師として勤務しながら執筆活動を続けていた瀬尾まいこさんは
2019年「そして、バトンは渡された」で全国の書店員が”今一番売りたい本”を投票し選ぶ本屋大賞を見事受賞しました。
その後「そして、バトンは渡された」は映画化となり
2021年10月29日、今年一番の感動作として全国公開されました。


(主演:永野芽郁・田中圭・石原さとみ)

今回のスペシャルドラマ『優しい音楽~ティアーズ・イン・ヘヴン 天国のきみへ』は
瀬尾まいこさんが2005年に双葉社から出版した短編集『優しい音楽』の中に収められている3つの作品のうちの1つ目の作品が原作となっています。

『優しい音楽』は2008年には文庫化、2019年には新装版も出版される程、注目を集めみんなから愛されている作品です。
この短編集に収められている2作目、3作目の
「タイムラグ」「がらくた効果」も瀬尾まいこさんらしい
柔らかく不思議であったかい世界を感じることができる作品ですよ。

そんな瀬尾まいこさんの『優しい音楽』の試し読みはこちらからできます。
サラッと読めるのでドラマ放送の前に読んでドラマの世界を想像するのも楽しいですよ。
https://booklive.jp/bviewer/?cid=647326_001&rurl=https%3A%2F%2Fbooklive.jp%2Ffocus%2Fauthor%2Fa_id%2F4975

瀬尾まいこさんの本屋大賞受賞したときのインタビュー観たけど、可愛らしい人やなぁ~こういう人めっちゃ好き!

優しい音楽(ドラマ)の原作レビューまとめ

確かに優しかった。 なんかいい本って読み終わったあとに思わず表紙を見てしまうような気がするんだけど、この本はほんとにそんな感じ。 優しくて甘ーいスープみたいな、 まろやかなお話でした。
引用: https://bookpass.auone.jp/titles/LT000118869000958084/reviews?iid=LT000118869000958084

文章そのものが、まるでそよ風の様に心地良い。
三篇の短編集だが、どの作品も、文章そのものに酔える。
表題作「優しい音楽」は、当初すれ違いだらけだった二人が、段々と溶け合って、最後は家族とも、、、。
フルートは象徴的な意味を持つ。
この溶け合う過程が、実に自然で、まるで涼風の如くだ。読後感はじんわりと温かい。
引用: https://booklog.jp/item/1/4575235202

3つの短編。共通するのは、赤の他人同士が家族のようにひとときを過ごすことで心を通い合わせるところ。いろんな事情があり、ともすれば嫌悪する状況でも心の持ちよう次第でわかり会うことは出来る。 ほんとに瀬尾さんの世界はピースフル。不必要な敵意を取り払うことが、自分の幸せへの第一歩。
引用:https://bookmeter.com/books/578961

なんだろう、この幸せな気分は!
いびつな出会いが、離れがたい思いになる3つの短篇集。
少ない登場人物と短い情景の中に、さらっと読める。
出会いに億劫になった時に読めば、きっと、出逢いたい思いになる。
若死にした兄似から来る告白、不倫相手の娘の子守、ホームレス男の居候と、面倒な出会いばかり。
けれど、相手を思いやる波長が合うというのだろうか?
結末は、幸せに満ちたりたような、しんみりくるような、不思議な感じになる。
優しい音楽に包まれる感じ。
見た目悪魔の天使イザベラのように、敵も味方にしてしまう。
そして、新しいスタートへの思い。
誰かに手を差し伸べたり、面倒な相談に乗ったり、したくなる。
そこに、素敵な出逢いが待っているかもしれないと思えるから。
瀬尾ワールドに包まれた幸せで爽快な読後感。
引用:https://www.amazon.co.jp/%E5%84%AA%E3%81%97%E3%81%84%E9%9F%B3%E6%A5%BD-%E5%8F%8C%E8%91%89%E6%96%87%E5%BA%AB-8-1-%E7%80%AC%E5%B0%BE-%E3%81%BE%E3%81%84%E3%81%93/dp/4575511935

まとめ

優しい音楽(ドラマ)の見逃し配信情報!
面白いと話題の原作も紹介
について調べたことをまとめてみました。

わかりやすくまとめると

  • 新春ドラマスペシャル「優しい音楽~ティアーズ・イン・ヘヴン 天国のきみへ」は
    2022年1月7日(金)夜20時からテレビ東京系列で放送。
  • 原作は瀬尾まいこの短編集『優しい音楽』。瀬尾まいこさんは「そして、バトンは渡された」で2019年の本屋大賞を受賞した今大注目の作家。
  • 主演は土屋太鳳、永山絢斗。そのほか仲村トオル・安田成美・佐藤浩市と豪華な俳優陣。脚本は数々のファミリードラマを手掛けた岡田惠和
脚本家の岡田惠和さんが原作にひとめぼれしてほれ込んでやっと実現されたドラマなんやて。瀬尾さんの世界と岡田惠和さんの作品ってちょっと似た空気感やもんね。

-ドラマ

© 2022 ザッツイアラ