気象・地震

折り畳みソーラーパネルのおすすめ最強は?その必要性と選び方

最近全国各地で発生している災害や停電など、非常時のためにポータブル電源を準備するひとが増えていますが、停電が長期間となれば、ポータブル電源だけには頼れなくなります。

そこで、是非検討したいのが、環境にやさしく、キャンプにも利用できる折りたたみ式のソーラーパネルとの組み合わせです。

折り畳みソーラーパネルのおすすめ最強はどれか?その必要性と選び方についてまとめました。

そろそろ真剣に考えなあかん!

折り畳みソーラーパネルのおすすめ最強は?

折り畳みソーラーパネルのおすすめ最強は?11種の折り畳みソーラーパネルを検討した結果、筆者なら、SmartTap 210W PowerArQ Solarをと結論づけました。

どういう場面で、どのタイプのポータブル電池と組み合わせて、使うか、加えて価格を考慮しました。

折り畳みソーラーパネルの必要性

様々な災害が、予想されています。
富士山噴火、南海トラフ地震、首都直下地震、温暖化による大雨、台風の大型化などなど、いつ長期の停電に襲われるか心配は尽きません。

ポータブル電池を備えていたとしても、充電分の電気を使いきれば、あとはどうしようもなくなります

もちろん天候が悪い日が続いていたり、噴火で火山灰が俟っているときには使えませんが、台風一過すれば、しばしば天気の日が訪れます。
停電の間何とか生活を凌ぐためには、必要で重要な防災機器となります。

爆撃受けたウクライナでは、木を燃やして煮炊きしていたな!日本でまさかとは思うけど?

折り畳みソーラーパネルの選び方

最大出力

大きく分けて、最大出力が、2,200W、400W、210W、120~100Wと4つに分類されます。
ほぼ出力の大きさで値段が決まり、50万円を超えるものから2万円台までとなっています。

使用する目的により組み合わせるポータブル電源の容量が決まってきます。

そして、用いるポータブル電源の容量により、ソーラーパネルの必要な出力が決まってくることとなります。

アウトドアで、ノートパソコンやスマホに給電をするためだけに使用するなら、100Wh程度の容量を備えたポータブル電源で十分です。

さらに、アウトドアで、扇風機で涼んだり小型冷蔵庫で飲み物を冷やしたりするなら、350Wh以上の容量を搭載したポータブル電源がおすすめです。

そして、災害時のためには、最低500Wh望ましくは、1,000Wh以上の大容量のポータブル電源となります。
1,000Wh以上の大容量モデルであれば、スマホを繰り返し充電できるのはもちろん、炊飯器のような調理家電も使えるため、災害時の停電復旧までの生活をサポートできます。さらに、1,500Whくらいの容量があれば3~6日程度使用することが可能です。

1,000Whの場合、出力400Wの太陽パネルなら充電に、2.5時間、200Wなら5時間ですが、100Wでしたら、10時間となり現実的でなくなります。

400Wh程度のポータブル電源なら、キャンプや車中泊での扇風機、電気毛布の使用や、連泊、車載冷蔵庫などの使用ができます。

400Whのポータブル電源では、出力400Wの太陽パネルなら1時間、200Wなら2時間ですが、100Wでしたら、4時間となり、厳しくなります。

200Wh程度のポータブル電源なら、日帰りや1日程度の使用に耐えます。

200Wh程度のポータブル電源の場合、出力100Wの太陽パネルならで2時間で充電できますので、これで十分です。

携帯性、持ち運びのしやすさ

重さは、20kgから出力が低いものでは、5kg程度となっています。
男性がひとりで持ち運べるぎりぎりが20kgまでと考えられます。

ソーラーパネル比較一覧表
11種のソーラーパネルから各容量で、それぞれの容量でベストと思われる4種を挙げました。

メーカーJackery(ポータブル電源とセット)EcoFlowSmartTapEENOUR
製品名Solar Generator 2000 Pro400Wソーラーチャージャー210W PowerArQ SolarSP403
最大出力2,200W400W210W120 W
ポートAC
USB
シガーソケット
MC4MC4
DC
USB
MC4
DC
USB
防塵防水規格防塵防水仕様ではないIP68(IP65防水保護)
動作温度-10度〜65度-10度〜70度(-40度~+85度)
サイズ展開時540×2320×25 mm1068×2390×24 mm1666×686×5mm527×530×60mm
サイズ収納時:(幅×奥行×厚み)540×615×40 mm1068×620×24 mm686×52×22mm527×1798×10mm
重さ19.5kg22.5kg7.05kg5.0kg
公式税込価格(ソラーパネル6~2枚)768,000円~446,000円(285,000円のポータブル電源込み)126,500円55,000円21,990円

ポートにMC4とあれば、基本的にポータブル電源との接続が可能です。

効率上げるためには、太陽光に直角に保たなあかんのやって

折り畳みソーラーパネル人気3選

Jackery Solar Generator 2000 Pro

(ポータブル電源とセットとなっています。)
ポータブル電源の容量2160Whとなっており、例えば、災害時に、冷蔵庫+炊飯器+IHコンロなど、あるいは洗濯機+アイロン+ドライヤーなどを同時に使用することができます。

ソーラーパネルを6枚接続した場合1,200Wを発生できるので、最速2.5時間以内でフル充電され、家庭用の太陽パネルの代わりに、個人的な太陽光発電システムとして使えます。

アウトドアで家族3人が使う1日の電力、2,000~3,000Wを賄えるのはもちろん、AC高速充電により、家庭用コンセントを使えば約2時間程度でフル充電できるので、台風など停電の恐れがある場合に、すぐ準備できます。


EcoFlow 400Wソーラーチャージャー

災害時のための、1,000Wh程度の大容量のポータブル電源に、最速2時間半で充電できます。

この容量のポータブル電源であれば、ミニ冷蔵庫やノートパソコン、テレビやスマホなど、十分に対応してくれます。


SmartTap 210W PowerArQ Solar

防災目的として使用するポータブル電源の最低容量は500Whと言われていますので、210Wであれば、2時間半で充電できますので、実用範囲といえます。

使用できる時間の制限はありますが。スマホはもちろんミニ冷蔵庫、ノートパソコン、テレビ、電気毛布などの家電なら使用できます。
また、前記2製品と比べると、55,000円と値段も半値以下で手ごろです。

電源合わせて数十万を安いと思うかどうかやな

まとめ

わかりやすくまとめると

  • 折り畳みソーラーパネルのおすすめはSmartTap 210W PowerArQ Solar
  • 災害の頻発する日本で、長期の停電に備えるため、ポータブル電池に加えて、折り畳みソーラーパネルが必要となる
  • 折り畳みソーラーパネルは、使用目的に合ったポータブル電池との組み合わせで決まる
災害が頻発してるからな!備えるならいまのうちしかないで!

-気象・地震

© 2022 ザッツイアラ