スポーツ

フィギュアスケートの年齢制限・引き上げはいつから?影響を受ける選手とは

北京冬季オリンピックのカミラ・ワリエワ(ロシア)事件でこれまで以上に沸き起こったフィギュアスケートの 年齢制限の引き上げ気運。

フィギュアスケートの年齢制限・引き上げはいつから?影響を受ける選手とは誰なのかを見てゆきます。

いつもいつ転ぶかはらはらするのはかなわんわ

フィギュアスケートの年齢制限・引き上げはいつからか?

フィギュアスケートの年齢制限・引き上げはいつからになるのでしょうか?
ロシアのウクライナ侵攻で、ROCの北京パラリンピックの参加が急遽取り消されるなど、状況は混とんとしています。

年齢制限導入の最新情報

2022年3月現在での年齢制限導入に関する最新情報をまとめておきましょう。

国際スケート連盟(ISU)では、シニア、ジュニア、ノービスの計3クラスが定義されており、
ISU主催の選手権(世界ジュニア選手権を除く)とオリンピックフィギュアスケート競技は15歳以上(前年の7月1日時点)、その他のシニアクラスの競技会は15歳以上(大会直前の7月1日時点) 、ジュニア13歳以上、ノービス10歳以上と規定されています。

最新情報では、ISUがフィギュアで五輪や世界選手権などに参加できる年齢について、15歳から17歳に引き上げる案を6月の総会に諮ることがほぼ確実となったようです。
きっかけとなった事件もあり、総会で賛成多数で可決される可能性が高いようです。

ただ、17歳以上への実施時期は、2023/24シーズンから適用されるか、まず16歳として、2024/25シーズンからとなるかは、現時点では不明です。

年齢制限導入の理由・背景

現行の規定では、前年の7月1日時点で15歳になっていればシニアの大会に出場できます。

これまでも、2018年平昌五輪で当時15歳だったロシアのアリーナ・ザギトワが高難度ジャンプを武器に金メダルを獲得するなどフィギュアスケートでは、低年齢化が顕著で問題視されてきました。
毎年6月のISU総会には、年齢制限・引き上げがたびたび提案されてきました。

フィギュアスケートでは成長しきっていない10代半ばの方が、体が柔らかく、大技を習得しやすいとされていますが、幼い頃から練習し続けると、体に無理がかかるため、選手寿命が低下することに繋がります。

すなわち、十代半ばの選手が高難度のジャンプを武器に活躍し、瞬く間に取って代わられるという特にロシアで見られる低年齢化への懸念から、年齢の引き上げがさけばれるようになっていました。

いつからになりそうか?

6月のISU総会で、賛成多数で、承認されれば、この変更は2023/24シーズンから適用されます。
しかし、2023/24シーズン16歳,2024/25シーズン17歳というように段階的に適用される案が出ているとも言われています。
すなわち、2023年7月1日から始まる来シーズンから何らかの変化がある可能性が高いというわけです。

年齢制限導入で影響を受ける選手や国は?

女子シングル(2022.2.17現在)ランキング上位のシニアの選手と日本とロシアのジュニアの注目選手について、2023/24シーズンから17歳に適用されるとした場合、算定される2023年7月1日の時点で年齢を一覧しました。

女子シングルランク(2022.2.17現在)選手名ポイント生年月日年齢(2022年2月17日現在)年齢(2022年7月1日)年齢(2023年7月1日)
1位アンナ・シェルバコワ(ロシア)44192004年3月28日171819
2位アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)36462004年6月23日171819
3位坂本花織(日本)31952000年4月9日212223
4位ユ・ヨン(韓国)31762004年5月27日171819
5位エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)29231996年12月17日252526
6位カミラ・ワリエワ(ロシア)27452006年4月26日151617
7位アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)25652003年8月24日181819
8位樋口新葉(日本)25062001年1月2日212122
9位アリサ・リウ(アメリカ)24722005年8月8日151617
10位カレン・チェン(アメリカ)22911999年8月16日222324
11位紀平梨花(日本)22712000年7月21日192021
12位ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)22041999年11月5日222223
13位エカテリーナ・リャボワ(アゼルバイジャン)21172003年3月27日181920
14位キム・イェリム(韓国)20161999年3月5日222324
15位エカテリーナ・クラコワ(ポーランド)19122002年6月24日192021
16位マライア・ベル(アメリカ)18601996年4月18日252627
17位ブレイディ・テネル(アメリカ)18021998年1月31日242425
18位イ・ヘイン(韓国)17842005年4月16日171819
19位マイア・フロミフ(ロシア)17592006年5月25日151617
20位三原舞依(日本)16741999年8月22日222223
24位宮原知子14961998年3月26日232324
34位横井ゆは菜11432000年5月19日212223
38位松生理乃11202004年10月10日171718
54位河辺愛菜8422004年10月31日171718
69位本田真凜6112001年8月21日202021
111位川畑和愛3192002年1月12日202021
115位山下真湖3082002年12月31日191920
130位荒木菜那2542002年3月5日192021
136位浦松千聖2302002年8月6日191920
213位住吉りをん842003年8月15日181920
216位岩野桃亜762004年3月20日171819
ジュニア(日本)島田麻央2008年10月30日131314
ジュニア(日本)吉田陽菜2005年8月21日161617
ジュニア(日本)千葉百音2005年5月1日161718
ジュニア(日本)田中梓沙2005年10月29日161617
ジュニア(日本)中井亜美2008年4月27日141415
ジュニア(ロシア)ソフィア・アカチエワ2007年7月7日141415
ジュニア(ロシア)ベロニカ・ジリナ2008年5月15日141516

カミラ・ワリエワ(ロシア)、 アリサ・リウ(アメリカ)、 マイア・フロミフ(ロシア)など、現在17歳未満シニア選手は2023年7月1日の時点で17歳となっており、影響を受けません。
影響を受けるのは、ジュニアの
島田麻央(日本)、中井亜美(日本)と、現在大きな注目を浴びているソフィア・アカチエワ(ロシア)、ベロニカ・ジリナ(ロシア)となります。

いずれも注目される実力の持ち主で、14歳のソフィア・アカチエワがロシアジュニア選手権2連覇し、12歳のベロニカ・ジリナが練習中に、最難関のジャンプ4回転ルッツを成功させたなど、話題を呼んでいます。

日本では、ノービスから推薦出場した島田麻央が、2021年11月の全日本ジュニア大会で、優勝しました。フリーでは4トウループを着氷。その他の要素も完ぺきに揃え、逆転優勝を果たし、大いに期待されています。

4月に行われるベロニカ・ジリナのコーチのプルシェンコ氏のサンクトペテルブルク「チャンピオンズ・ユニオン」 ショーのキャンペーン


ほんまに選手寿命が伸びるんやろか

フィギュア年齢引き上げに関するSNSの反応

当然ですよね!
オリンピック選手は自己で判断できる大人であるべきです。
さらにロシアの女子フィギュアは21歳の前回金メダル選手がオリンピックに出れないくらい消耗が激しいのは異常ですよ。
引用:https://twitter.com/sinsaku1865/status/1494897480273895424
これは賛成や。
15歳の子、ロシアが使い捨てしてるのしんどいわ。
今度は17歳の子を製造するんですかね🤔
引用:https://twitter.com/chihoko_yuri/status/1494939787614388230
今般の騒動をみると合理性もあるのかもしれませんね。虐待の温床になりかねないですし。
でも本来的には採点基準を変えるのが筋だと思います。でないと表に出なくなるだけで虐待懸念は続くような🤔
引用:https://twitter.com/FIRE201745/status/1494893831795666944
ジャンプへの偏りや、摂食障害問題などあるので、すぐにでも実行して欲しい!
引用:https://twitter.com/aero0523/status/1298893864904691713

まとめ

わかりやすくまとめると

  • フィギュアスケートの年齢制限・引き上げは2023/24シーズンから
  • 島田麻央(日本)、ベロニカ・ジリナ(ロシア)など引き上げで影響を受ける4選手を挙げた
  • 年齢制限・引き上げよりジャンプに偏った採点基準を変えるのが筋との意見も
ロシアはフィギャースケートどころではなくなってるんでは?

-スポーツ

© 2022 ザッツイアラ