トピックス

ドネツクとルガンスクのライブカメラリンク!ロシアの独立承認は何を意味する?

ウクライナ情勢が緊迫してきました。
2月21日ロシアがウクライナの親ロシア派地域のドネツクとルガンスクの独立承認。

我々は情報に煽られているだけなのか、意外と今が株が底なのか?とか
ロシアは本気なのか?何か策があるのか?何のメリットがるのか?
いろいろと考えさせられます。

時々、「我々はただ報道に踊らされているだけなのでは?」と思うことはないでしょうか?

そこで、この世界中にライブカメラがある時代、
現地の様子を自分の目で見たら、報道と違う何かが見えてくるかもしれません。

今が株の底、ってあるあるだよね。10投資するうちの、1だけここで買うってのは王道のやり方。

ドネツクとルガンスクのライブカメラリンク

2月21日、ロシアがウクライナ東部の親ロシア派が支配する地域である
ドネツクとルガンスクの独立を承認した。この地域に軍を派遣。

ネットでは、これが実質の「宣戦布告」ではないのか?と言われています。

セベロド中央広場

ドネツクのライブカメラ

軍を派遣するとのことですが、ドネックの様子をライブカメラで見てみましょう。

セベロドネツクの交差点


「youtube」で見るから見ることが出来ます。

ルガンスクのライブカメラ

ライブカメラはありませんでした。

21日にアップされていたロシアのyoutubeをシェアします。

ドネツクとルガンスクの独立承認は何を意味する?

親ロシア派地域であるドネツクとルガンスクの独立承認は何を意味するのでしょうか?

このタイミングでの承認は、「宣戦布告」なのでは?という意見がネットで散見されます。

また、駆け引きのひとつで、正直「大事に至ることはない」と思っている人もいますが、
ことは、そう簡単ではないのがうかがえます。

また一部では、第3次世界大戦への布石という意見も。

https://twitter.com/SuperCandymaria/status/1495849259304108038

プーチンはじめ、彼らの絶妙な駆け引きはすごいうまいよ。何らかの布石として、うっている。
アメリカも情報の作り方がうまく、アメリカは情報を支配してきたと言ってもいいくらい。

何を信じていいか分からない。
プーチンがこれだけ長く政権を握っている目的を、勉強すると面白いし、怖い。

キエフ空港ライブカメラは?デマ?街は意外な落ち着き「たった5㎞先の場所がこれ?」

-トピックス

© 2022 ザッツイアラ