スポーツ

北京五輪外交的ボイコットとは?国一覧「選手出るなら意味ない」「政府派遣のレベルを落す程度に?」

バイデン米国政権が、2022年2月に中国で開催される北京冬季五輪について、外交的なボイコットを発表しました。新疆ウイグル自治区における人権侵害を理由に、政府関係者を派遣しない方針です。

北京五輪外交的ボイコットとはモスクワ五輪の西側諸国のボイコットとどう違うのでしょう?現時点でボイコットを表明している国一覧と、「選手出るなら意味ない」などその効果について、議論してゆきましょう。

米国は他の同盟国の判断については、独自に行うよう当然任せると述べましたが、すでに4か国が追随しています。

最後の最後にこっそり表明するんかいな?
【PR】直近注目試合! 7/9 ラグビー日本代表vsフランス視聴方法
・テレビ見れる人は、1戦目NHK 2戦目日テレで見れるよ!
・ネット中継で見るならAmazonプライムに登録してそこからJ-SPORTS登録だと、14日間無料!!

\今すぐAmazonPrimeVideoに登録して視聴する/
©https://www.amazon.co.jp/

北京五輪外交的ボイコットとは?

米国の提唱する 北京五輪の外交的ボイコットとは具体的にどのような内容かを見てゆきます。

米国は、パラリンピックを含む北京五輪に、外交的または政府を代表する一切の派遣を行わない。米国がジェノサイドと認定した中国政府による新疆ウイグル自治区などでの人権侵害への対抗措置としています。

五輪では、これまで、開会式に各国の要人を招く習慣があり、開催地で首脳会談などを行いやすい環境をつくって、参加国間の関係をよくしようとする取り組みがありました。

米国のこの表明に、開催国中国は、五輪を政治利用するものだと強く反発し、報復を示唆しています。

選手の参加はする

外交的ボイコットとは、モスクワ五輪で行われたよう選手を含め全面的な参加拒否とは違い、米国も「スポーツ選手は米国代表として大会に参加可能で、米国政府も国内から選手を支援する」と表明しています。

近代五輪でのこれまでのボイコットの歴史を見ておきましょう。

大会名ボイコット国内容理由
1956年メルボルン五輪中華人民共和国不参加中華民国の参加に抗議
スペイン、オランダ、スイス不参加ソ連によるハンガリー侵攻に抗議
エジプト、レバノン、イラク不参加イギリスとフランスが関与したスエズ動乱に抗議
1980年モスクワ五輪アメリカ、西ドイツ、日本、中国など50カ国近く不参加ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議、但し英仏豪などは選手団を派遣
1984年ロサンゼルス五輪ソ連や東欧諸国不参加上記の報復措置
2014年ソチ冬季五輪アメリカ、ドイツ、フランスなど欧米諸国首脳が開会式を欠席ロシアの「xx・プロパガンダ禁止法」(en)に抗議

政治的な理由で、4度あり、今回のボイコットは五輪の政治利用だと強く反発している中国も、メルボルン五輪で、台湾が招待されたことに反発し、ボイコットしています。

このうち、今回の外交的ボイコットに近いのは、モスクワ五輪での、英仏豪や、ソチ冬季五輪での、米、独、仏など欧米諸国の対応に近いと考えられます。

また、ソチ冬季五輪で、ロシアの「xx・プロパガンダ禁止法」に抗議した点は、今回の人権問題に近いと思われます。

選手を含めた全面的なボイコットを回避しているのは、モスクワ五輪での西側諸国による、ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議したボイコットに対する反省があると思われます。

次のロサンゼルス五輪で、ソ連圏の諸国に報復されたうえ、モスクワ五輪出場予定の選手に大きな打撃を与えました。

瀬古利彦 (マラソン) 、山下泰裕 (柔道)、 長崎宏子 (水泳)などが出場を断念し、全盛期に五輪で力を発揮できず大きな悲劇となりました。

また、ボイコットが、アフガニスタン侵攻に何らかの明確な影響を与えたかとは不明です。
自国民への単なる態度表明に終わったという感もあります。

当時中国もソ連と仲たがいしてたからね!なんでもありだな

北京五輪外交的ボイコット国一覧

現時点での北京五輪外交的ボイコット国を一覧します。

国名内容備考
米国外交的ボイコットファイブ・アイズ(機密情報共有の枠組み)加入国
オーストラリア外交的ボイコットファイブ・アイズ加入国
ニュージーランド新型コロナウイルスの感染拡大などを理由ファイブ・アイズ加入国
カナダ外交的ボイコットファイブ・アイズ加入国
英国外交的ボイコットファイブ・アイズ加入国
プランス?EUレベルで調整された対応を模索中
韓国?大統領府「北京冬季五輪のボイコットは検討していない」
まだ、態度を明確にしていないフランスと、おそらく外交的ボイコットはしないであろう韓国も参考に入れました。

日本はどうする?

米国の同盟国として、外交的ボイコット国に加わるのか、中国との経済関係や東京五輪の開催を支持してくれた点などを勘案し、第3の道を模索するのか日本は難しい判断を迫られています。

岸田首相は「適切な時期にわが国の国益に照らして自ら判断したい」と発言し、ぎりぎりまで判断を遅らせるようです。
一方、自民の保守系議員グループは、北京五輪「外交的ボイコット」申し入れるなど、攻勢を強めています。

東京五輪で、中国が結局副首相級の訪日を取り消したことなどを念頭において、結局、外交的ボイコットなどの声は上げずに、格下げした人を派遣するなどで妥協をはかるなどの現実的な道を探るのではないでしょうか?

米中の間に入ってうまく取り持つなんて芸は無理だろうね

北京五輪外交的ボイコットへのSNSの反応は?

外交的ボイコットするなら選手団派遣もしないほうがよくないか?
金メダル取って国威は発揚したいわけか。
そして多くの人がTVを見る。なんだか分からない。
引用:https://twitter.com/doctor0621/status/1469144618923335682
日本は、米国をはじめ主要な先進国の多くが外交的ボイコットを正式発表した後、「外交的ボイコット」という表現を使わずに「派遣者のレベルを落とします」的な玉虫色の表現で事実上の外交的ボイコットを匂わす方式をとるのではないか。公明党との調整を考えると、そうなる公算が大きいように思える。
引用:https://twitter.com/tezheya/status/1468744094696771585
民主主義国家の共通理念は
「人権問題に関しては、普遍的な価値観と異なる立場はない」
故、中国共産党がチベット、新彊ウィグル自治区での民族浄化のジェノサイド進行をさせている事で、
中国が北京五輪を開催する資格はない。
岸田氏が容認すれば、自民党は瓦解する。
引用:https://twitter.com/shoetsusato/status/1468714493094281218
俺は外交的ボイコットなんぞポーズでなんの意味もない偽善だと思っているので、我が国が追従するかどうかはおいとくが、普段人権人権、欧米の人権意識を見習えとか言ってる人は日本政府に外交ボイコットを進めるように活動してるんだろうなぁと思ったら動き鈍いのはなぜだ。
引用:https://twitter.com/gerogeroR/status/1468931923666149377

強硬意見ばかりが目立つな~

まとめ

わかりやすくまとめると

  • 北京五輪外交的ボイコットの意味を確認し、表明国を一覧とした
  • 五輪におけるボイコットの歴史を振り返り、その効果を見た
  • 日本は速やかに外交的ボイコットを表明すべきとの意見が多い

-スポーツ

© 2022 ザッツイアラ