スポーツ

継続試合とは?サスペンデッドの違いは?分かりやすく解説!2022年から変わったこと

第94回選抜高校野球大会(春のセンバツ甲子園)が3月、開幕します。全国32の代表校の熱闘が期待されますが、さて今回のセンバツ2022から新しいルールがまた一つ導入されます。それは「継続試合」です。

継続試合とは?いわゆる「サスペンデッドゲーム」との違いは?この新ルールについて分かりやすく解説します。(出典:Wikipedia、スポーツメディア)

高野連もここ数年「タイブレーク」「1週間500球」とか、球児の体を守る新制度を次々導入しとる。ええこっちゃ

継続試合とは?わかりやすく解説

日本高野連は2022年春夏の甲子園大会で、天候不良などで試合が中断した場合、翌日以降に中断時点から試合の続きを行う「継続試合」を導入することをこのほど決定しました。3月のセンバツ大会から初適用されます。

継続試合とは、野球ファンでも聞き慣れない言葉。以前から聞く「サスペンデッドゲーム」との違いは何なのか。メリット・デメリットなどを以下に分かりやすくお伝えします。

去年高野連会長が6年ぶりに交代。新会長は「選手の健康のためにやれることはどんどんやる」と改革に意欲的なんだな

継続試合とは

今回高野連が導入する継続試合は、以下のようなルールになっています。

・悪天候などで試合が途中で打ち切りになった場合、試合が止まった場面から翌日以降に再開し、勝敗が決まるまで戦う

打ち切られたイニングにかかわらず実施する。

・軟式全国選手権大会でも採用。硬式の春秋都道府県大会、地区大会、夏の地方大会で適用するかは主催者の判断に委ねる。

つまり降雨や災害、事故などで試合が続行できなくなった場合、それが1回だろうと9回だろうと、また表でも裏でも、同点でも10点差でも、どんなケースでも等しくその場面から試合を再開し、最後までやるというのが「継続試合」です。

高校野球の甲子園大会では「降雨コールド」はありやけど「点差コールド」ってのは元々ないねんな

メリット

継続試合の導入について、高校野球界では「大味な試合がなくなる」「最後までできるのはありがたい」など歓迎の声が多いようです。メリットとしては以下の点が挙げられます。

コールド、ノーゲームがなくなる。

・成績が公式記録に残る。「幻の本塁打」などがなくなる。

・再試合で最初からやり直すよりも選手の負担が減る。

・審判が中断の判断を早めに下せるようになる。

・雨でぬかるんだグラウンドで試合を続行するケースが減り、良いプレーができ選手の怪我防止にもなる。

今までは審判も「何とか最後までやらせたい」と、延々待ち続けて判断に迷うケースが多かったろうからな…

デメリット

ただ問題点もなくはありません。例えば以下の点です。

・翌日以降のどこで再開するかなど日程調整が難しい。

チケットの取り扱いをどうするか。

・観客や応援団を再招集する必要。選手たちの宿泊も延長され費用がかさむ

・選手の体の負担にはなる。

それでも野球界では「甲子園は一生の思い出。9回まで試合をやり切った方が、敗れた選手も納得できる」と「選手の気持ちファースト」の面から継続試合が歓迎されています。

サスペンデッドとは?違いは?

ところで継続試合、以前からあるサスペンデッドゲームとも似ていますがどう違うのでしょうか。

サスペンデッドゲームは「一時停止試合」とも呼ばれ、かつて球場に照明がない時代は日没などで適用されることも。現在は悪天候時などにメジャーリーグで実施されており、ルールは以下の通りです。

5回の試合成立時を過ぎて表のチームが同点か逆転した状態、または裏のチームが同点の状態で中断した場合。

・当該試合が連戦の最終カードの場合には、全日程を終えてその1試合の勝敗によって順位が変動する時以外は行わない

つまり試合成立が条件になっていて、5回未満ではノーゲームに。「何回でもとにかく全部再開する」継続試合とはこの点が異なります。

そういや、去年のメジャーでは「球場近くで銃乱射事件発生→中断→サスペンデッド」ってのがあったなあ。ほんま米国らしいわ

2022年継続試合導入となった理由

この継続試合が導入された大きな理由は、昨年夏の甲子園大会でした。従来の甲子園大会では悪天候時は以下のルールが適用されていました。

7回表裏を終了し、審判が試合の続行が難しいと判断した時、得点差に関係なく試合終了(=降雨コールド)。

・7回表終了時に後攻チームの得点が多い時、7回裏の攻撃中に後攻チームが同点に追いついた時なども、試合成立で降雨コールド。

プロ野球やメジャーリーグは通常5回裏終了で試合成立だが、高校野球では「7回」と長めなんだな

コールドゲームですから終了時点で得点が多いチームが勝利。逆に6回時点で雨が激しくなり中止になると、試合不成立で「ノーゲーム(無効試合)」となります。その場合翌日再試合(もう一度最初から)が一般的です。

昨年夏の甲子園は台風や大雨の影響で大混乱。開幕日がいきなり1日ずれた上、46年ぶりに3日連続順延、史上最多の7日も雨天中止になりました。このため試合が始まっても続行不能のケースが続出。降雨ノーゲームが2度、コールドが1度も発生しました。

とりわけファンが〝大炎上〟したのが1回戦の大阪桐蔭―東海大菅生近江―日大東北戦。前者は「東西横綱対決」と注目されましたが、8回表、4対7で3点を追う東海大菅生が1、2塁とチャンスをつくった時に雨がひどくなり、コールド負け。選手たちは悔し涙に暮れました。

また近江・日大東北戦は5回に降雨で中断。何と2時間22分もベンチで待たされた挙げ句結局ノーゲームとなり、両軍選手は疲労困憊していました。

これには「選手が可哀想」「あまりに酷い」と批判が殺到し、継続試合の大きな契機になりました。

継続試合導入にSNSの反応は?

心から良かったと思います✨ 去年の菅生の試合もこれからの高校野球に無駄じゃなかった

引用:https://twitter.com/himehide2122/status/1496231112716468224

今回から雨天コールドなくなるって知ってた?

引用:https://twitter.com/hararyo71/status/1496126682352304133

進む選手最優先。負担軽減と負けた側の納得感を両立

引用:https://twitter.com/tkaajs/status/1496113256221777926

高野連も少しは信頼を取り戻したかも。後は選抜の選考方法の透明性をいかに高めるか

引用:https://twitter.com/SANSPOCOM/status/1496067379440545794

まとめ

わかりやすくまとめると

  • 2022センバツから継続試合初導入。何回だろうとそこから翌日再開
  • 昨夏甲子園での雨天ノーゲーム続出が契機。選手ファーストの判断
  • サスペンデッドは試合成立が条件だが、継続試合は1回表でもOK

-スポーツ

© 2022 ザッツイアラ