スポーツ

愛工大名電2022出身中学メンバー一覧!甲子園に弱いのはなぜ?

夏の甲子園2022第104回全国高校野球選手権大会がついに開幕しました!真夏の太陽の下、久々の大入り甲子園球場での連日の熱戦が楽しみですね。

さて出場校紹介シリーズ、今回は愛工大名電(愛知県代表)をクローズアップ。メンバー一覧を出身中学付きでご紹介するとともに、「愛工大名電ってなぜか甲子園では弱い?」説にも迫りました。(出典:Wikipedia、スポーツメディア)

愛工大名電初戦は2日目第2試合。相手は同じ名門の星陵(石川)や!「イチローvsゴジラ」の母校対決やなww
いやそれが、90年の練習試合で「星稜・松井秀喜」と1学年上の「愛工大名電・鈴木一朗」は実際対戦したらしいよ!見てみたかった…

愛工大名電 2022出身中学メンバー一覧

夏の甲子園は2年連続14度目出場の高校野球名門・愛工大名電。今年の出場予想メンバー一覧を、出身中学付きでご紹介しましょう。

※なお、夏の甲子園登録選手は発表され次第修正します。以下は現時点の予想メンバーとなります(8/7 修正)。

選手名ポジション学年出身中学中学所属投/打身長/体重
1有馬 伽久投手3年生奈良 田原本中学中学軟式野球部左/左174/73
2藤山 航平捕手3年生高知 明徳義塾中学中学軟式野球部右/右177/75
3山田 空暉投手3年生滋賀 甲良中学オセアンJBoys右/右
4市橋 昂士内野手3年生愛知 大府西中学東海ボーイズ右/左166/65
5大森 瑛斗内野手3年生三重 玉城中学中学軟式野球部右/左170/66
6伊藤 基佑内野手3年生愛知 東郷中学東山クラブ右/左172/73
7石見 颯真外野手1年生滋賀 守山南中学草津シニア/左173/68
8加藤 蓮外野手3年生愛知 安祥中学三河安城シニア右/右174/73
9美濃 十飛外野手3年生愛知 新川中学三州ボーイズ右/左
10岩瀬 法樹投手2年生愛知 名古屋城山中学中学軟式野球部右/右
11笹尾 日々喜投手3年生愛知 西尾東部中学三河安城シニア右/右172/74
12今福 孝介捕手2年生愛知 山田東中学名古屋北シニア右/右170/68
13秋葉 奨太内野手3年生茨城 古河第二中学小山ボーイズ右/右177/72
14石村 一樹内野手2年生愛知 北陵中学名古屋富士ボーイズ右/右
15金森 洸喜内野手2年生愛知 大江中学東山クラブ右/右176/66
16河田 凌太郎外野手2年生岐阜 岐南中学岐阜中央ボーイズ
17角大和外野手2年生愛知 豊国中学名古屋中央ボーイズ
18石島 健投手1年生茨城 結城中学小山ボーイズ182/87

注目選手

甲子園2022の予想メンバー一覧(出身中学付き)をお示しした愛工大名電。その中の注目選手を見ていきましょう。

星陵の山下監督はかつての名将・山下智茂監督のご長男!倉野・愛工大名電監督は〝師匠〟でもあるらしいで。時代は変わる、やなぁ~

有馬伽久(3年)

粘り強さが持ち味の投手陣を支える左腕最速147kmの球速を誇る速球と、鋭いスライダーが武器です。打線でも5番の中軸に座る投打の主力でもあります。名前の読み方は「がく」。

大森瑛斗(3年)

今チームで2番の上位に座る「切り込み隊長」の三塁手。2年生のとき夏の甲子園を経験済みで、打率5割と奮闘しました。自慢の強力打線を引っ張る存在です。

あと打線では加藤君がリードオフマン。投手陣ではあの元中日の大守護神・岩瀬仁紀さん長男の岩瀬法樹君も必見だね!

愛工大名電は甲子園に弱い?なぜ?

甲子園2022のメンバー一覧(出身中学付き)と注目選手をご紹介した愛工大名電。創立は明治時代の1912年という非常に歴史ある学校です。

かつては名古屋電工、名古屋電気といった校名の時代もあったね

野球部は1955年創部とこちらも長い伝統が。名プロ野球選手を数多く輩出したことで有名で、メジャー殿堂入り確実のイチローさんをはじめ、金田正一、工藤公康、山崎武司氏ら錚々たる球界の大物が名を連ねます。

甲子園の戦歴も素晴らしいもの。夏の選手権出場13回、春の選抜出場9回という常連の強豪です。しかし!愛工大名電といえば「なぜか甲子園ではあまり勝てない」ジンクスがあるといいます。

センバツ大会では過去、優勝1回、準優勝1回を経験しているのですが、とりわけなぜか夏の選手権大会に「弱い」。過去の成績を見ると、センバツではトータル16勝8敗と大きく勝ち越していますが、夏は5勝13敗

これほど多く出場しているのに、春夏通じて初戦敗退がなんと13回もあります。一体なぜなのでしょうか。

はっきりした理由は定かではありませんが、地元ファンの間では「強豪の多い愛知県大会が激戦すぎて、予選段階で疲弊してしまう」「県大会の決勝が甲子園開幕に近く、調整が難しい」といった声もあります。

実際今年の県大会も3回戦からなのに6試合もの熱戦続き。決勝戦の相手は強豪・東邦で、しかも全国2番目に遅い7月30日やったもんなぁ

さて今年の夏はこの悪いジンクスを打ち破れるのか。星陵との名門対決にまずは注目です。

今年の愛工大名電SNSの評価

愛工大名電は昨夏の経験者も多く、昨年のチームより打撃力は高いぞ

引用:https://twitter.com/hirevo_baseball/status/1555586561734897664

愛工大名電! ニュースで色々拝見して、個人的に応援したい!

引用:https://twitter.com/1115ele/status/1555563606917275648

名電と星稜が早々に当たるのは惜しいですねー

引用:https://twitter.com/nekono123456/status/1555556538177454081

夏に勝てない我らが愛工大名電頑張ってくれ!

引用:https://twitter.com/manatsubasummer/status/1555555634015191041

まとめ

わかりやすくまとめると

  • 夏の甲子園大会2日目、星陵と「名門対決」する愛工大名電(愛知)に注目
  • イチローや工藤公康の母校。今チームは左腕有馬や切り込み役大森が軸に
  • なぜか夏の甲子園に弱く過去5勝13敗。初戦敗退も多数。ジンクス破れるか

-スポーツ

© 2022 ザッツイアラ