スポーツ

箱根駅伝の年齢制限がないのはいつから?最年長記録は?

新しい年、2022年が始まりました。毎年お正月のスポーツ風物詩といえば、何と言っても箱根駅伝(第98回東京箱根間往復大学駅伝競走)です。今年も三が日の東海道・箱根路から目が離せません。

ところで今年の箱根駅伝、優勝の行方とともに「31歳の〝高齢〟ランナー」が走ることもちょっとした話題になっています。そもそも箱根駅伝って、年齢制限はないのでしょうか?過去の最年長ランナーは何歳だったの?今回は箱根駅伝の「年齢雑学」を調べてみました。(出典:Wikipedia、スポーツメディア)

下馬評やと駒大&青学の2強に他の上位校がどこまで食らいつくか。まず注目は2区の勝負やな!

箱根駅伝の年齢制限がないのはいつから?

今年の箱根駅伝2022で、メディアでトピックス的ニュースになっているのが、駿河台大の4年生、今井隆生選手です。今井選手は大学生ながら何と31歳

日体大を卒業後、中学の体育教師をしていましたが、昨年2年間の休職を願い出て駿河台大に編入入学。今年10月の予選会にも出場し、見事駿河台大を初の箱根路へ導いた一人です。本戦では4区を走ります。

襷をつなぐ5区の永井(21)は埼玉・越生中時代の教え子。今井は当時同中の保健体育教師だったんだって。縁って本当に不思議だな…

ところで箱根駅伝は大学生限定のはずですが、年齢制限はないのでしょうか。現在の開催要項を確認してみましょう。

◆第98回箱根駅伝開催要項(抜粋)

【参加資格】

①参加校所属の21年度関東学生陸上競技連盟男子登録者で、本大会並びに箱根駅伝予選会出場回数が通算4回未満である者(予選会のみ出場の場合も回数に含まれる。また、エントリーした時点で出場とみなす)

②当駅伝競走に関する内規第 2 章「参加資格及び申込み」、第4条~第6条の条件をすべて満たす者

この②は、所属校が主催の関東学生陸上競技連盟加盟大学かどうか、不祥事などの処分を受けてないか、を問うものです。ということで、参加資格に年齢制限はありません

すなわち箱根駅伝は、「関東学連の男子登録者」で「通算の出場回数が4回未満」などであれば何歳だろうと出場が可能ということになります。

ちなみに箱根駅伝の年齢条件は、過去には1947年から1992年まで「28歳以下」という制限が設けられていたそうですが、93年以降は撤廃され、現在の「年齢制限なし」で続いています。

出場回数で言えば、戦後の大学制度改革まで大学は予科3年・本科3年だった上、当時は卒業するまで出走できたから、戦前には計8回も走った選手がおったそうやな!

箱根駅伝の最年長記録は?

以上のように箱根駅伝には年齢制限がなく、何歳であっても条件を満たせば出場できると分かりましたが、では過去最年長は何歳だったのでしょうか。

箱根駅伝の詳しい歴代選手の年齢関係記録は見つからず、はっきりした統計は分かりませんが、メディアによると過去最年長は、戦前の1939年に出場した中央大の村社講平さんだとされています。当時の年齢は33歳131日。このベテランぶりながら、村社さんは5区の区間賞も獲得したほどの強豪ランナーでした。

ということで今回の今井選手は「歴代最高齢」とはならないようです。

96年の中村祐二選手(山梨学院大)も会社を辞めて大学編入したランナーだった。2度出場し2区の区間賞を取るなどこちらも大活躍だったな
ちなみに過去最年少は、第3回大会で旧制中学・日大一中の生徒が日大チームで走った例やないかといわれとる。今で言う高校生やな。当時は特例で認められたらしいで

箱根駅伝30代ランナーへのSNSの反応

今井選手(先生)のように新たに学び直したい人が大学に入って、オマケに1度は諦めた箱根を目指すのは生涯学習的な面を考えても歓迎すべき
箱根を走りたい為に敢えて留年したり大学入り直したり、著しくスポーツマンシップに反する。制限は設けるべきだ
大学生の競技は年齢に関係なく夢を追えるのは良いと思う。駿河台の先生ランナーにも頑張って欲しいな
大学が名声を欲しいがために社会人を大勢引き抜いたりすれば問題。留学生のように人数制限は必要なのでは

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/79b67fdbe9db1ee3265ee995aa7787ff89180bd0

まとめ

わかりやすくまとめると

  • 2日始まる箱根駅伝2022で、駿河台大の今井が31歳で4区出走へ
  • 箱根では何と年齢制限なし。戦後~92年は28歳以下でその後撤廃
  • 過去最高齢は39年の中大・村社の33歳。この年齢で5区区間賞!
制限なし言うてもタイムと実力が必要やから、いくらなんでも40歳とか50歳とかは将来も出んやろ…(まあ、イチローみたいな超人がおったら分からんけどなw)

-スポーツ

© 2022 ザッツイアラ