スポーツ

MLBオールスターの投手選出方法は?何人まで?その他ルール

現地時間の19日、米ロサンゼルスのドジャースタジアムで、今年のMLBオールスターゲームが行われます。我らが大谷翔平選手(エンゼルス)は2年連続出場、しかも昨年に続き二刀流で登場する予定。再びの勇姿がとても楽しみです。

大谷選手はDH部門ではファン投票1位で選出されましたが、ところでMLBオールスターゲームの投手選出方法って、そもそもどうなっているのでしょうか。日本のプロ野球とはかなり異なるその選出方法や「オールスター独自ルール」をまとめました。(出典:Wikipedia、MLB公式、スポーツメディア)

今年は日本人は大谷はんだけやな。今年はホームランダービーには出場せんけど、レッドカーペットなどでもまた格好ええとこみれそうやw

ネット中継で最もお得に見れるのは「Amazonプライム会員→J-SPORTSの14日間無料登録」がベスト。詳しくは下の関連記事より

MLBオールスターの投手選出方法は?

1933年からの長い歴史を持つMLBオールスターゲーム。国土が広く30球団と多いだけに、限られたトップスターだけが選ばれるオールスターゲーム出場は、野球人としてこの上ない栄誉とされます。

一回でも選ばれれば一生モノらしい。それだけレア度が高いってことだよね

そのオールスター選手の選出方法はこれまで幾度も変遷しているようです。2022年現在の野手や投手選出方法はどうなっているのか、以下に概略を順に見ていきましょう。

MLBオールスターの定員

MLB公式によると、2022オールスターゲームのメンバーはアメリカン、ナショナルの各リーグで32人ずつ。内訳は野手(指名打者含む)が20人、投手が12人です。

ただ今年は「通算3000安打、500本塁打」以上を達成した史上たった3人のうちの2人、しかも現役のプホルス(カージナルス)とカブレラ(タイガース)が「レジェンド枠」で特別出場するんや!せやから「33人ずつ」いうわけやな

選考方法1:ファン投票

選考の「メイン」はファン投票。ファン投票では野手だけが選ばれます。投票は2段階に分かれ、第1段階では野手の9ポジション(DH含む)の投票総数を比べ、各リーグでそれぞれ全体トップだった選手がまず「スタメン(先発出場する選手)」に決まります。

今年はアリーグトップはジャッジ(ヤンキース)、ナリーグはアクーニャJr(ブレーブス)だったね

投票第2段階では、第1段階の各ポジション上位2人が決選投票されます。その際第1段階での得票はリセットされ、ファンはゼロからまた二人のどちらかに投票。多かった方が最終的に「スタメン」に選ばれます。

大谷はんは第1段階では2位やったが、第2段階で逆転勝利したんや

このプロセスを経て両リーグで試合開始時から出場するスタメン9人(野手8人とDH)が決定します。

選考方法2:選手間投票

ファン投票でスタメン野手が決まると、次に投手と控え野手の選考が行われます。つまりMLBオールスターゲームでは、投手についてはファン投票では選ばれないということです。

メジャーリーガーが互いに「この選手がオールスターだ」と投票する「選手間投票」では、投手8人と控え野手9人の合計17人を選出します。投手の内訳は先発投手から5人、リリーフからは3人です。

なお選手間投票は、スタメン以外の選手を決めるのが主要な役割。このため選手間投票1位がファン投票1位のスタメンと同じだった場合は、次点の選手が選ばれます。

選手間投票の順位は、一度決まった選手たちが怪我などで辞退した場合の「繰り上げ当選」にも利用されるのだ

選考方法3:MLB推薦

上記1、2の選考方法で各リーグ26代表が決まるわけですが、残る6人はMLB事務局が選考します。基本的には各リーグ投手4人、野手2人は「MLB推薦」となります。今回、大谷投手はこのMLB推薦枠に入りました。

MLBオールスターは全30球団から最低1人選出する決まり。そのあたりを最後にMLB推薦で調整する、いう意味合いもあるわな

2022年選出された投手一覧

と、このようにかなり複雑なMLBオールスターゲーム選考方法。では2022年に選出された投手一覧(15日現在)をMLB公式サイトから引用します(辞退選手は省略)。

◆ア・リーグ

【先発投手】

左腕: シェーン・マクラナハン (レイズ)
右腕: ジャスティン・バーランダー(アストロズ)
右腕: アレク・マノア (ブルージェイズ)
左腕: ネスター・コーデス (ヤンキース)
右腕: ゲリット・コール (ヤンキース)
右腕: 大谷翔平 (エンゼルス)
右腕: ポール・ブラックバーン (アスレチックス)
左腕: マーティン・ペレス(レンジャーズ)
左腕: フランバー・バルデス (アストロズ)

【リリーフ】

右腕: クレイ・ホームズ (ヤンキース)
右腕: エマヌエル・クラセ (ガーディアンズ)
右腕: ホルヘ・ロペス (オリオールズ)
左腕: グレゴリー・ソト (タイガース)

◆ナ・リーグ

【先発】

右腕: サンディ・アルカンタラ (マーリンズ)
右腕: コービン・バーンズ (ブルワーズ)
右腕: ジョー・マスグローブ (パドレス)
左腕: マックス・フリード (ブレーブス)
右腕: トニー・ゴンソリン(ドジャース)
右腕: ルイス・カスティーヨ (レッズ)
左腕: クレイトン・カーショー (ドジャース)
左腕: カルロス・ロドン (ジャイアンツ)

【リリーフ】

右腕: エドウィン・ディアス (メッツ)
右腕: ライアン・ヘルズリー (カージナルス)
右腕: デビッド・ベッドナー(パイレーツ)
左腕: ジョー・マンティプリー (ダイヤモンドバックス)

投手は何イニング投げる?ルールはある?

MLBオールスターの投手選出方法は選手間投票とMLB推薦の2種類というわけですが、オールスターの投手に関するルールにはどういったものがあるのでしょうか。

まず各チームの先発投手から選ばれた「オールスター先発陣」のうち、〝最高の栄誉〟ともいえるオールスターゲームの先発ピッチャーは、試合前日に監督が発表します。

また大谷はんが連続先発になるか、ワクワクでんな…。ちなみにアリーグ監督はアストロズのベーカーはんやで

また1人の投手が投げられる最長イニングは3回までに限定。ただ最近は各球団から球数を抑えるよう要請されていることもあり、1~2イニングがもっぱらのようです。

なお選考方法では、2017年の改定で「監督推薦」が廃止されました。MLBは「これにより球団間の利害衝突がなくなった」としており、恣意的な選考などそれまで色々問題があったことがうかがえます。日本では「監督推薦での軋轢」というのは過去聞いたことがなく、この点も随分違いますね。

まとめ

わかりやすくまとめると

  • MLBオールスターゲームで大谷翔平が2年連続二刀流出場決定!HR競争は回避
  • ファン投票での選出は野手のみ。投手は選手間投票とMLB推薦で各リーグ12人
  • 「先発中の先発投手」は監督が前日発表。「3回以内限定」も実際は1~2回

MLBオールスター2022放送予定まとめ!日本時間日程ホームラン競争も

-スポーツ

© 2022 ザッツイアラ