羽田空港までバス一本!快適で便利な旅のはじまり


ザッツ川口を

川口から羽田空港に行くには「空港連絡バス」がおすすめです。川口元郷駅コンコースと川口駅東口の発着所を起点に、空港へのアクセスから快適に旅をはじめられます。

「羽田空港線 空港連絡バス」は、2014年7月に開業。川口と赤羽、王子の発着所から羽田空港までを、乗り換えなしのバスルートで結んでいます。予約なしの当日先着制になっていますが、川口元郷の発着所は始発なので座れないことはほとんどありません。埼玉高速鉄道川口元郷駅のコンコース4番停留所から乗り、その次の停留所は川口駅東口6番乗り場です。

バス発着所には、出発時刻によって国際興業バス・京浜急行バス、東京バスの三つの運行会社が乗り入れて担当便を持っています。この日乗車したのは、川口元郷駅を8:55出発の京浜急行バス。車掌さんに申し出ると、キャリーバッグをバスのトランクルームに運んでくれます。乗車口で運賃を支払って空いている席に座ります。支払は交通系ICカードが使えないので注意が必要です。

座席間は足元広々余裕があります。トイレも完備で安心です。川口→赤羽→王子の各停留所を回って首都高を使い羽田空港へ向かうルートは、東京ドリームやスカイツリー、東京タワー、レインボーブリッジ、お台場などを眺めながらの移動なので、プチ東京観光さながらゆったりと旅の気分も高まります。

空港連絡バスには、コンセントのついている国際興業バスの便もあります。川口から羽田空港まで1時間半から2時間弱かかるので、バッテリー残量を気にせず充電しながらのネットや動画再生などを楽しめ便利です。旅行に出張に、移動中コンセントが使えるのは電車や地下鉄には無い魅力の一つと言えます。長い移動時間を快適に過ごすツールとして、スマホやノートPC・ゲーム機・音楽プレーヤーは必需品。移動中も時間を有効に使いたいなら、高速バスは有効な移動手段といえますね。

この空港連絡バス以外の公共交通機関で羽田空港まで行くルートは、地下鉄や電車、モノレールなどを乗り継ぎながらの移動です。以前は川口駅まで路線バスで行き、京浜東北線に乗って浜松町でモノレールに乗り換え空港ターミナルまで行っていました。時間も旅費も多少節約できますが、かさばる荷物を持っていたり子ども連れだと、何度も乗り換えるのは大変です。空港連絡バスは乗り換えの手間が省けることが最大の魅力ですね。ただ乗り換えなしの長時間移動では、飛行機内での過ごし方とバス車内での過ごし方の2パターン準備しておくといいですね。(Articles田中裕子)


羽田空港線連絡バス

川口元郷駅4番のりば→川口駅東口6番のりば→赤羽→王子→羽田空港
問い合わせ:0570-048985
9:00~19:00
国際興業高速バス予約センター(空港連絡バスの予約は不可)
URL: http://5931bus.com/airportbus/detail/kawaguchi_haneda.html

 

    

川口の天気

アーカイブ

アーカイブ
twitter
facebook

アイプラス

ピュアホームズ

川口市民のマストアプリ アプリQRコード App Storeからダウンロード Google playでアプリをチェック
川口市に関するあなたのYouTube動画を投稿してください。採用された方には「ザッツオリジナルクオカード」をもれなく贈呈! 掲載したいチラシ・POP・求人広告・画像(PDF)等、ドシドシ投稿して下さい。 お店・企業様へ 伝えたい情報を広く募集しています。
ザッツ川口無料アプリ掲載店募集中 ザッツCLUB会員様募集中




ザッツ川口を