ついに”ふくろう茶房”が川口上陸!


ザッツ川口を
DSC05724

”見つめ合う店長の「トム」さんとふくろうクンたち”

川口にふくろうをメインにしたカフェ「ふくろう茶房鳩ケ谷店」が、ついに上陸!(陸伝いだけど!)

ふくろうと言えば可愛い外見なのですが、詳しいことはわからない方も多いのでは・・・。

店長のトムさんのお話から、いつも愛くるしく時に猛々(たけだけ)しい、ふくろうのミステリアスな魅力について迫る!

ふくろう茶房の流儀

ーお店のご紹介をお願いします。

本店が国分寺にあるふくろう茶房のフランチャイズ店でして、こちらが第一号店です。

都内にふくろうカフェは結構あるんですが、埼玉にはまだ少なくて、ここに出店すれば「手軽に楽しめて便利!」という人が多いのでは、と思い開店しました。

ーそういえば、フクロウの臭いがしないですね。

モミの木をたくさん使用していてるのですが、この木には消臭効果があります。

消臭には気を遣っておりまして、ふくろうカフェの常連さんも当店に来て臭いがしない、と驚かれます。

一応カフェとしてやっているので、せっかくご来店されたお客様には気持ちよく飲食してもらえるようにしています。

ここまでやれば、ふくろう本人たちも居心地が良いのではと思ってます(笑)。

DSC05663

お店の中はふくろうの臭いが全くしない。素晴らしい衛生管理とモミの木の力!

ーふくろうの特に可愛いところなどのエピソードなどお願いします

写真だとわからないんですが、ナンベイヒナフクロウの瞬きをした瞬間が可愛いんですよ、まつげが長くてお客さんはびっくりしますね。

他にも、寝てる表情が笑っているようなふくろうや、モリフクロウがお互い毛づくろいをしていたりするのが可愛いんですよ。

とにかく見ていて飽きないですね。

DSC05672

写真でも充分可愛いのだが、実物はもっと可愛さ爆発してますよ!

ー料金システムのご説明をお願いします。

一時間フリードリンク込みで800円、シニアの方は600円、小学生が500円、未就学児は無料です。

ただしドリンク利用される場合のみ200円いただいております。

DSC05666

フリードリンクでお好きなだけ飲めますよ!持参した水筒には詰めないでください!(当たり前だ)

ー食事の持ち込みも可能なんですね?

そこが当店の大きな特色の一つでして、食事を持ち込んでいただいてもOKです。

入場券を券売機で購入するシステムです。

延長は一律400円で1時間となっております。

その他「ふくろうの触れ合い体験」というものがあり、手を消毒してふくろうのいるスペースに入って約3分間触れ合うことができます。

ふれあい体験の料金は、フクロウのサイズによって違います。(小サイズ300~最大サイズ800円程度)

DSC05706

こちらは大きなサイズのふくろうだが、全然重くないぞ・・!

ーふくろうの販売もされていますね。

本店にも数十羽は常時いるので、そちらの販売もできます。ご希望の方はご相談ください

ふくろうは一日一食で、食費は小さい子で缶ジュース一本分。

大きい子で牛丼一杯分くらいのコストです(笑)。

ーふくろうを飼うのに許可が要るんですか?

一般的なご家庭で飼うには特に許可はいりません。

寿命はざっくりと小型で10年、中型は15~20年、大型は20~30年以上生きるものもいます。

(うおーんうおーんという声が奥から聞こえる…)こんな風に、みたいな鳴き声もします(笑)

ーおお~想像と違う鳴き声だ…!

種類によって鳴き声が違うんですよ。

夜行性なので今は、本来眠いはずの時間帯なんですね。(現在午前11時30分)

でも人間に飼われると順応して昼間でも起きていますが、お客さんが来ても寝ている子も全然います。

猫なども一緒で、飼育下に置くと人間の生活リズムと合ってくるんですね。

ーふくろうを自宅で飼うのに難しい所は?

やっぱり知らないと、餌としてネズミとひよこをあげるというのがちょっとショッキングですよね。

飼い主がヒヨコを捌(さば)けるか、というのもあります。

そのままあげる人もいますが、当店では雑菌などが入っている可能性を考えて、そういう部位を取り除いて餌をあげています。

あとは適切な温度管理とトイレの躾(しつけ)がふくろうはできないので、それがクリア出来れば一般家庭でも飼えます。

ー餌は、ひよことネズミ…ということですが、どんな感じなんですか?

冷凍で餌用のが販売されています。

この餌を解凍してあげています。基本的に一日一食です。

ヒヨコを何日か続けて与えてから、ネズミを与えるという間隔で調整しています。

ヒヨコだけだと栄養が足りなく、逆にネズミは栄養が多すぎるので、そんな感じでバランスを取っているんですよ。

なんか…すごいな(笑)。野生のふくろうはどんな感じで食べているんでしょうか?

聴覚と視覚がすごく発達しているのですね。

獲物が雪の中で動いていて、実際は目に見えなくても聞こえてくる音で判断して狩猟が出来るそうです。

それだけ耳がいいんですね。

耳はパラボラアンテナみたいになってて左右の高さの違いにより、音の伝わる差異で距離を感じるそうです。

また、顔が小さいのは視覚が発達していたり、大きいのは聴覚が発達していたり、と一口にふくろうと言っても種類によってそんな違いもあるんですよ。

普段から非常に音には敏感でそのような理由から、店内では大きな音がしないようにしています。

ー体重は何キロくらいなんですか?

大きい子でも3~4キロくらいです。

ーえ~、見た目よりも相当軽いんですね!

そうなんですよ。大きい子でも持っていただければわかりますが、あまり重さは感じません。

こっちの小さい子は触るとズボっと指がめり込んでしまいます(笑)。

ほとんど羽で出来ているくらい軽いんですよ。

DSC05712

ふくろうはふわふわの毛で覆われていて、触ると指がめり込んでしまう。つぶらな瞳がキュート。

ー店長とふくろうの出会いはどんな感じですか?

ここの社長と都内のふくろうカフェを回っているときに、可愛いなと思いました。

私は猫が好きなんですが猫に似ているな、と思いました。ちなみにフクロウを、中国語では猫・頭・鷹と書くんですよ。

よく言い表している感じがしますよね。

ー店長さんのご趣味は

蕨で古着が好きなんで、古着屋を趣味でやっています(古着屋キャットム)。

全般的にオシャレな物が好きで、このふくろう茶房も椅子とか時計とかの内装にこだわっています。

DSC05668

これが店内の時計です。実態が無いぞ!オシャレだなあ~

他に最近ハマっているのは銭湯ですね。

気楽湯」さんにはよく行っていまして、まあ銭湯に、と言うより気楽湯さんにはまっていますね。

とってもオシャレでバンドマンの子とお笑い芸人の子がメインで番頭っていうのが面白くて。

地元の年配や若い子に人気もあるのでお勧めですよ。

時々私も「出張古着屋」と題して、時々気楽湯さんで古着を売っています。

ーお店のPRをお願いします。

出来たばかりのふくろう茶房、遂に埼玉に進出しました。

駐車場も六台分ありますので、安心してご来店ください。

料金体系も都内のフクロウカフェに比べると、大変安いものとなっております。

お金をかけずにフクロウを楽しんでいただけたらなと思っております。

DSC05722

ふくろうの癒しはいかが?

いかがでしたか?

ふくろうが前よりなんだか身近に感じてきましたね!

癒し効果一杯のふくろうに、疲れが溜まった方や、家族でふくろうと遊びたい方、にも良いですよね!

これからの時代、ペットにふくろうが普通になるかも!?


ふくろう茶房 鳩ケ谷店

DSC05729

川口市三ツ和1-12-1三ツ和第3プラット1F(MAP

平日:12時〜20時(最終受付19時30分)
土,日,祝祭日:11時〜20時(最終受付19時30分)

ホームページ

http://2960.cafe/

Facebook

https://www.facebook.com/2960hatogaya/

Twitter

https://twitter.com/2960hatogaya?lang=ja

 

    

川口の天気

アーカイブ

アーカイブ
twitter
facebook

アイプラス

ピュアホームズ

川口市民のマストアプリ アプリQRコード App Storeからダウンロード Google playでアプリをチェック
川口市に関するあなたのYouTube動画を投稿してください。採用された方には「ザッツオリジナルクオカード」をもれなく贈呈! 掲載したいチラシ・POP・求人広告・画像(PDF)等、ドシドシ投稿して下さい。 お店・企業様へ 伝えたい情報を広く募集しています。
ザッツ川口無料アプリ掲載店募集中 ザッツCLUB会員様募集中




ザッツ川口を