川口が産んだ「苔玉(こけだま)の第一人者」のアジトに潜入!@緑花星


ザッツ川口を

苔玉先生の想い

突然ですが皆さん「苔玉」ってご存知ですか?

通常植物は鉢の中で育てるのが一般的だが、苔玉とは鉢の代わりに苔をまいて育てるものが「苔玉」というらしい。盆栽の鑑賞の一つでもあるという。

苔は初めて水中から陸地にあがった植物とも言われていて、様々な環境に対応できうる植物あるとのこと。確かに歩いていると目にするのも珍しくはない。

鳩ヶ谷に工房にかまえる苔玉教室「緑花星」を運営する石戸先生はサラリーマン時代に苔玉と出会い、魅了され、当時苔玉では珍しい「顔つき苔玉」、通称「こけっぴ」を制作。当初はフリマやネット販売を中心に活動していたが、現在では6000名以上の方に苔玉の素晴らしさを教え、各地で教室や講演会にひっぱりだこだ。又、農林水産省や市区町村から子供達への教育の一環として多くの依頼を受けており、テレビの人気番組等でも多数の出演の経験がある。まさに「苔玉の第一人者」といえるだろう。

DSC02869

緑色のインパクトのある髪型の石戸先生。これぞ ゙究極゛な苔玉作家 

運動する事が趣味で二十歳頃の服がまだ着れるという。見た目もとても若い。実際の年齢を聞くとびっくり!

「現代の子供たちは土や植物に触れる機会がすくないので、もっと自然に触れてほしい」という想いから 小さなお子様でも楽しめるように苔玉をアレンジして、顔つきの可愛らしい苔玉が作れたりと、子供たちの創作性を大事にして教えている。時にはせっかく作った作品をすぐに枯らしてしまう子供もいるが、それもまた教育の一つだという。現代のバーチャルなゲームとは違い、本物の生きている植物を、時には種から育て、植物の命が尽きるまで大事に育てる。これが石戸先生が今後も様々な活動を通して伝えていきたいという「花育」であると言える。

もちろん子供だけでなく、特に大人の女性の方から大人気で、実際に土をさわり、オリジナルの苔玉を作りあげていくことで、作り上げた作品に愛着を感じ、育てていくことで、心が「癒される」と感じる方が多いという。又、実際に作られた顔つき苔玉は、作った本人の顔に似てくるというから、これもまた興味深い。

DSC02795

作った人の顔にそっくり!? バリエーション豊かなオリジナル゛こけっぴ゛が作れます。

今後は海外から来られる学校先生に苔玉を教える予定があり、石戸先生が教える「花育」の日本文化が世界の文化になる日も遠くないかも知れない。

ここでの文章では伝えきれないほどの魅力が石戸先生が教える苔玉にはある。一度苔玉に触れてしまえば、その魅力の虜になってしまうであろう。

少なくとも筆者はそのうちの一人である。

DSC02788 

DSC02744

 「生きたジオラマ」 植物は日々成長するので観察が一層楽しくなる。

DSC02775

「吊りの逆さ苔玉」 石戸先生のオリジナル作品

DSC02772

江戸時代から続く「つりしのぶ」ハート型にして゛現代風゛にアレンジ

 

IMG_2590

【苔玉こけっぴ】緑花星

川口市鳩ケ谷 本町 1-8-32-101

電話番号:090-8512-9973 (石戸 携帯電話)
(またはこちらまで : 048-281-5194)

お問合せメールアドレス

shopmaster@ryokukasei.com

ホームページ:ryokukasei.com/

ブログ:blogs.yahoo.co.jp/ryokukasei

ツイッター:twitter.com/fetw2015

 

 

 

    

川口の天気

アーカイブ

アーカイブ
twitter
facebook

お助け愛サポーター

アイプラス

ピュアホームズ

川口市民のマストアプリ アプリQRコード App Storeからダウンロード Google playでアプリをチェック
川口市に関するあなたのYouTube動画を投稿してください。採用された方には「ザッツオリジナルクオカード」をもれなく贈呈! 掲載したいチラシ・POP・求人広告・画像(PDF)等、ドシドシ投稿して下さい。 お店・企業様へ 伝えたい情報を広く募集しています。
ザッツ川口無料アプリ掲載店募集中 ザッツCLUB会員様募集中




ザッツ川口を