「ワクワク・募金・キャットキルト」@TOMONECO Factory


ザッツ川口を
DSC04430

川口在住の猫キルト作家「TOMONECO Factory」松本智恵さんに取材!

ーTOMONECOを始めた経緯は

ご説明をするより、写真を見た方が早いかもしれません(笑)。

DSC04424

2013年の東京国際キルト展で有輪賞を取ってから、猫キルトで社会貢献につながる活動にならないかと考え、自分で作るよりいろんな方が作る100匹を大きな1枚に合わせて作った方が面白いのではないかと思いつきました。

仕組みは500円で参加して頂き、400円は材料代、100円は募金にあてるという活動です。

徐々に集まってきて、去年出来上がった、子供たちだけで作ったキルト(よりそうお母さんが力を入れてしまった作品もあるのですが 笑)や福島の南三陸だけで作ったキルトもあります。

DSC04434

子供たちだけで作ったキルト。その人それぞれの個性が出てきて面白いですね!

101匹プロジェクトの意味は100だと終わる、というきりが良い数字は終わるというイメージですが、101だと次につながる感じがありますからね。

猫キルト作家と言うのは他に聞いたことが無く、日本で私一人ではないでしょうか。

ギネスに申請することも考えています。 

ーつくる時間はどれくらいかかるのですか

耳や目などがセットになったキットをご用意してまして、簡単に作れるようになっています。

それでも、個々の猫の作成時間はひとそれぞれ違いまして、裁縫になれている方は早いですね。

それを集めて完成品になるまでは、半年かかったものもあります。

今年の秋に1000匹集めたキルトでロッシーニ猫の二重奏の楽譜を開いたような展示を考えています。

DSC04451

さすが、アーティスト!五線譜でどう表現されて、展示されるのか楽しみですね♡

ーともねこの名前の由来は

私の名前の智恵から、ではなく(笑)猫と友達になる、猫と共に生きる、智をもってプロジェクトを進めるという意味があります。

ーこの活動の原点はどんな感じなんですか

ニューヨークに居た時に、日本国憲法を制定したメンバーの一人であるベアテ・シロタ・ゴードン氏と出会い、価値観が変わりました。

このプロジェクトが国内で成功したら、ご縁があったニューヨークに行って展示をしたいと考えています。

DSC04453

DSC04455

猫キルトの作品集。名前等も公募されて付けられていて一匹ずつ載っているぞ~☆

そのためにも今後の展示会も成功させようと、強く考えています。

ー松本さんのご趣味はなんですか

マラソンとゴルフです。なかなか時間が無くて行けてませんが。 浮間ゴルフ安くてよく行ってました(笑)。

あとはやはり猫が好きなので、野良猫が居ると、ついつい気になってしまいますね!

トモネコ

日本唯一の猫キルト作家 松本智恵さん

感想!

川口を拠点としてこのような新しい取り組みが、なされているのは大変誇らしいですね。

どんどんこの輪が広まっていくことを期待しています。

そして、3年前から取り組んでいる「TOMONECO friendship quilt 1000匹プロジェクト」が、間もなく完成に向けて着々と進んでいるそうです。

秋に開催されるイベントで展示される予定の1000匹の猫が集まったキルトをぜひ見てみたい!

☆イベント情報☆

4月13日(木)~16日(日)11時~18時まで、神楽坂ギャラリーアートスペースK2にて、
シャットドール伊東磨里子さん(着物リデザイン)と松本智恵の二人展「着物あそび」を開催。
是非、遊びに来てください。


TOMONECO Factory

FACEBOOK

https://www.facebook.com/tomonecofactory/

ブログ

https://www.facebook.com/tomonecofactory/

    

川口の天気

アーカイブ

アーカイブ
twitter
facebook

アイプラス

ピュアホームズ

川口市民のマストアプリ アプリQRコード App Storeからダウンロード Google playでアプリをチェック
川口市に関するあなたのYouTube動画を投稿してください。採用された方には「ザッツオリジナルクオカード」をもれなく贈呈! 掲載したいチラシ・POP・求人広告・画像(PDF)等、ドシドシ投稿して下さい。 お店・企業様へ 伝えたい情報を広く募集しています。
ザッツ川口無料アプリ掲載店募集中 ザッツCLUB会員様募集中




ザッツ川口を