腹ペコさんも大満足! 味噌とひき肉で作る超簡単絶品どんぶり


ザッツ川口を

帰りが遅くなった日は、ササッと美味しいご飯が簡単に作れたらな〜。調理師免許を持つ記者が、川口市で作られている食品を使ったレシピを紹介する企画。第3弾は超簡単どんぶりメニューも紹介! 腹ペコで帰宅したときにかなり役立つかも。

 

■味噌そぼろ丼

今日は帰りが遅くなった…けど、お腹空いてるから早くガッツリ食べたい! そんなときに作ってほしい丼レシピだ!

 

【材料】

ひき肉:100g、長ネギ:適量、酒:小さじ1、みりん:小さじ1、醤油:小さじ1、砂糖:小さじ1/2、味噌:小さじ1/2

①長ネギをみじん切りにする。

②ひき肉・長ネギ以外の調味料を合わせる。しっかりと味噌を溶かしておこう。

③フライパンにひき肉と長ネギを入れてひき肉が茶色っぽくなるまで炒める。赤色はまだ火が通ってないということなので、絶対残さないように!

④色が変わったら②を入れて、全体に絡め火を止める。

ほっかほかのご飯の上にのせたら完成!

味噌の奥深い香りが鼻へとぬけていく…。

目玉焼きをのせると、とろ〜んと流れる黄身がそぼろを包みうま味アップ。

お好みで七味をかけるのもオススメ。ピリッとした刺激と風味が加わり食欲も増す。

ちなみに、このそぼろは豆腐にのせて食べても美味しいぞ。お気に入りは、豆腐を耐熱皿に入れてそぼろをかけ、チーズをたっぷりのせてトースターで5〜7分加熱。

そぼろを作ったらご飯だけでなく、豆腐レシピも試してみて!

 

■さんまの味噌煮

秋に旬を迎えるさんま。煮付けと聞いたら難しそうに思うけど、以外と簡単に作れるのだ。

 

【材料】

さんま:2尾、酒:100cc、水(もしくはだし汁):100cc、醤油:大さじ1、みりん:大さじ2、味噌:大さじ2、生姜チューブ:大さじ1

①さんまの内臓を取って、食べやすい大きさに切る。

②さんま以外の材料を少し深めの鍋に入れて煮立たせる。生姜は生のものを擦って入れるか、千切りか薄切りにして入れてもOK 。チューブは1番簡単な方法。

③煮立ったらさんまを入れて落し蓋をし、10〜15分ほど弱火で煮付ける。

煮付けているとき、少しくらい…と思って火から目を離す人が多いけど、火事に繋がるので絶対目を離さないように!

身はふわっとしていて、ほどよくのった脂がとっても美味しい。生姜が好きな人はたっぷり入れるとより美味しくなる。

生の生姜を切って入れた場合、煮汁を含むので生姜だけをかじっても美味しいぞ! 生姜好きの記者はこれを食べるのも楽しみ。

 

定番の魚の煮付けはもちろん、お肉と味噌を合わせても美味しいおかずがササッと作れる。味噌はなんだか体にもよさそう。

食の欧米化が進んでいるけど、日本の伝統的な調味料である「味噌」を使って日常に和食も取り入れよう。

 

※記者が使っている『川口御成道味噌』はこちらのサイトから購入可能! ほかの調味料やいろんな食品が揃っているので、のぞいてみて!

    

川口の天気

アーカイブ

アーカイブ
twitter
facebook

アイプラス

ピュアホームズ

川口市民のマストアプリ アプリQRコード App Storeからダウンロード Google playでアプリをチェック
川口市に関するあなたのYouTube動画を投稿してください。採用された方には「ザッツオリジナルクオカード」をもれなく贈呈! 掲載したいチラシ・POP・求人広告・画像(PDF)等、ドシドシ投稿して下さい。 お店・企業様へ 伝えたい情報を広く募集しています。
ザッツ川口無料アプリ掲載店募集中 ザッツCLUB会員様募集中




ザッツ川口を