優しい猫愛の集大成。猫キルト1111匹の想い。


ザッツ川口を

以前も掲載し10月24日に開催されたフレンドシップキルト1000匹の猫の展示(松本さんご自身の作品を含めて1111匹)を実際に見てきました。松本さんのこれまでの活動の一つの集大成ともいえる展示会で田村麻子さんのオペラとも同時開催。盛況になり、特に夜は大勢の人で賑わっていました。

※猫キルトの作成キットを販売し、その売り上げの一部を猫の保護活動に充てる活動。その作成された猫を縫い合させたキルト。一枚で100匹。

主宰の松本智恵さんにお話を伺いました。以下インタビュー。

DSC06890

ー開催された感想は

誰も来てくれないんじゃないか、と心配していたんです。

ところが、猫キルト作りに参加した方が来て下さったし、川口リリアによく来るという、おじ様たちもキルトを見て「凄い」と言ってました。

特に沖縄から猫キルトを作って参加してくれた方も来て頂いたりして、感激しています。

DSC04451以前の取材では、アイデアの段階だった、ロッシーニの楽譜をモチーフにしたキルト構想。

DSC06873こちらが完成品。人々の想いが詰まったキルトを、松本さんが手間を惜しまず情熱を込めて纏められた「結晶」。

ー猫キルトを展開して感じるものは

全てを並べてみるのは私も初めてなので、感無量です。一つ一つに想いがこもってますので改めて圧倒されるものがあります。

猫を大切に考えている人が千人もいるんだって改めて感じました。

DSC06905

キルトの裏面にもしっかり猫がいる。「猫愛」に溢れた作品と感じた。

ーご覧になった方々は何て言ってますか

「キルトって言葉では終わらないよね」「猫の一匹一匹が生きている感じがする」と、ご感想をいただき、オペラ歌手の田村さんは「ずっと見ていたい」と言われました。

また猫の保護活動をされている方が「気分が凹むようなこともあるけど、このキルトを見て頑張ろうと思った。」と言ってくれました。

ー今後の予定は

学校のホールを使って展示をしたり、動物病院のギャラリーでやるという予定を立てています。

またこれからはぬいぐるみでやっていきたい。これも同じようにキットの売り上げの一部から動物基金に寄付します。

それと同時に、来年は一回落ち着いてゆっくり考えようと思います。色々なやり方を考慮して、企業の方と相談して寄付でやるかたちや動物基金だけに絞ってやるかもしれない。

また、企業の方にお任せして、私はアイデア等で参加するかもしれません。

DSC06926今度の楽しく猫を救うキットは「ぬいぐるみ」になるかも!?

DSC06933手をつなぐことが出来る。これで猫を救う輪を広げていく、というコンセプトだ。

ー田村さんが作った生地はどちらですか

こちらですね。こちらがお嬢さんの作った物です。

DSC06922

DSC06916

優しい想いの集大成

千人の想いが詰まった作品のエネルギーが織りなす、力強く優しい景色でした。

また、ロッシーニの猫の二重奏の楽譜をモチーフにした作品は構想の段階から見ているので、完成までの時間の流れを感じ、感慨深いものがありました。

これからの活動も微力ながら応援させていただきたい、と思いました。

どんな活動であれ、これからも。頑張れ、Tomoneco Facotory!

 

過去記事

「ワクワク・募金・キャットキルト」@TOMONECO Factory

1000匹猫キルト&輝くオペラで川口の夜に彩を。10月24日(火)@川口リリア


Tomoneco Factory(トモネコファクトリー)

DSC06907

ブログ

https://ameblo.jp/tomonecofactory/

 

Facebook

https://www.facebook.com/tomonecofactory/

 

    

川口の天気

アーカイブ

アーカイブ
twitter
facebook

アイプラス

ピュアホームズ

川口市民のマストアプリ アプリQRコード App Storeからダウンロード Google playでアプリをチェック
川口市に関するあなたのYouTube動画を投稿してください。採用された方には「ザッツオリジナルクオカード」をもれなく贈呈! 掲載したいチラシ・POP・求人広告・画像(PDF)等、ドシドシ投稿して下さい。 お店・企業様へ 伝えたい情報を広く募集しています。
ザッツ川口無料アプリ掲載店募集中 ザッツCLUB会員様募集中




ザッツ川口を