夏ですね!落語で聴く「怪談噺(ばなし)の会」@地蔵院本堂


ザッツ川口を

第2回 夏休み 小中高生対象 演目『死神』 地蔵院「怪談ばなし」

「日光御成道 鳩ヶ谷宿“夏の陣”朝顔・ほおずき市」で賑わった地蔵院は、市の天然記念物である樹齢300年のタブノキや偉人「小谷三志」が眠るお墓があることでも有名なお寺です。落語家 柳家かゑる(やなぎや かえる)さんの後援会長を務めるご住職のこちらのお寺で、落語を知らない子どもたちにその面白さを広げたいというかゑるさんの思いで始めた「落語で聴く 怪談噺の会」は今年で2回目。昨年第1回の演目は「お菊の皿」でした。大人にはおなじみの怪談ですが、現代の子どもたちは日本の昔話や怪談をどれくらい知っているのでしょうか? 会場の外観(本堂)
今回の演目『死神』は、グリム童話『死神の名付け親』を原典にした古典落語の演目のひとつ。それを子ども向けにアレンジし、落語の基礎知識講座と簡単な落語を1本、それから演目へという流れで30分間どっぷり落語の世界に浸れます。前回の「お菊の皿」より少し難しい内容になっているため、小学校高学年からの子どもたちにおすすめです。 地蔵院のお地蔵さま
少し前になりますが、落語ドラマ「タイガー&ドラゴン」も記憶に新しいですね。NHK「にほんごであそぼ」でも落語が頻繁に登場したり、世代を超えて大人気のアニメ「ドラえもん」でも、作者が落語好きだった影響で落語を元にしたストーリーが数多く残っています。昨今では、「イケメン落語家グランプリ」の開催によってイケメン落語家ブームが来ているとか。 小谷三志のお墓
かゑるさんは、子どもの頃落語を聴いてその魅力にはまり落語家になる夢を叶えた一人。落語は、人間の面白さ・欲深さなどを滑稽な笑い話にして聴かせる話芸のひとつ。子どもたちが知らない言葉が出てきても、話の流れで何となく分かるところが良さだとか。お話の最中は想像力をフル回転させて集中して聴いてみよう。 地蔵院 タブの木
 2016 怪談噺の会1
夕暮れ時から日没までかけてお寺の本堂で始まる怪談噺は、本格的で臨場感が違います。寝苦しい熱帯夜も暑さを忘れて程よくひんやり涼を得られそうです。(Articles田中裕子)

 


2016 怪談噺の会2
第2回 夏休み 小中高生対象 演目『死神』
落語で聴く「怪談噺の会」
7月30日(日)午後7時より
噺   川口の落語家  柳家かゑる
場 所 地蔵院本堂(川口市桜町5-5-39)
参加費 無料
申込み 不要
子どもだけでの参加可。大人の方・お化けの方の参加も歓迎いたします。
 落語家 柳家かゑる
落語家 柳家かゑる(やなぎや かえる)
(本名:菅野兆司)
出身地:川口(旧 鳩ヶ谷)市
芸歴:2007(平成19)年4月 柳家獅堂に入門
2009(平成21)年3月 埼玉県立川口高等学校卒業
2009(平成21)年7月1日 前座となる 前座名「いっぽん」
2013(平成25)年  二ツ目昇進 二代目「柳家かゑる」と改める
2015(平成27)年2月  川口市観光大使に任命
趣味:柔道(講道館柔道参段)、アニソン・特ソン、としまえん
Twitter:yanagiya_kaeru
FM川口85.6MHzで「ケロケロウェーブ」毎週日曜夕方4時放送!

    

川口の天気

アーカイブ

アーカイブ
twitter
facebook

アイプラス

ピュアホームズ

川口市民のマストアプリ アプリQRコード App Storeからダウンロード Google playでアプリをチェック
川口市に関するあなたのYouTube動画を投稿してください。採用された方には「ザッツオリジナルクオカード」をもれなく贈呈! 掲載したいチラシ・POP・求人広告・画像(PDF)等、ドシドシ投稿して下さい。 お店・企業様へ 伝えたい情報を広く募集しています。
ザッツ川口無料アプリ掲載店募集中 ザッツCLUB会員様募集中




ザッツ川口を